カローラクロス登場でますます充実のトヨタSUVラインナップ!! 販売店はどう売るのか!?


 世界的に最も人気の高いのがSUVカテゴリーだが、それだけに各メーカーそのラインナップには力を入れている。

 そんな中、多くのSUVを販売しているのがトヨタだ。自販連統計による2021年の1月~6月の通称名(車名)別販売ランキングを見てもヤリス(含むヤリスクロス)、ハリアー、ライズ、RAV4といったところがベスト20に入っている。

 他にもC-HRやプラドもあり、さらには大人気の新型ランドクルーザーに加えて2021年9月14日にカローラクロスが発売された。

 これだけ多くのSUVをトヨタはどのように販売しているのだろうか?

文/小林敦志、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】これでますます充実のトヨタSUVラインナップ!! 2021年9月日本デビュー予定のカローラクロス


■トヨタSUVの『スキマ』を埋めるカローラクロス登場

すでに世界各地でデビューし、日本でも2021年9月にデビューしたカローラクロス。SUVラインナップの隙間を埋める、ディーラー待望の新型車だ

 すでに昨年7月にタイでワールドデビューし、世界各地でラインナップされているトヨタ カローラクロスが、2021年9月14日に日本でもデビューを迎えた。販売現場で話を聞くと、「これで隙間なくSUVがラインナップされることになった」とセールスマンからは喜びの声が聞かれた。

 現状でトヨタ(トヨタブランド)がラインナップするSUVは、今回デビューしたカローラクロスも合わせると、クロスオーバーSUVタイプではライズ、ヤリスクロス、C-HR、カローラクロス、RAV4、ハリアーとなる。

 これにいわゆる“クロカン”などとも呼ばれる、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300がラインナップされることとなる。

 他メーカーの様子をみると、日産がキックス、エクストレイル、アリア。ホンダがフィットクロスター(とりあえず)、ヴェゼル、CR-Vとトヨタに比べれば極端に少ない。多いように見えるマツダでも、CX-3、CX-30、MX-30、CX-5、CX-8となり、トヨタより3車種少なくなっている。

 車種数だけではなく、トヨタではクロスオーバーSUVだけを見ても、自販連(日本自動車販売協会連合会)統計による、2021年7月単月でみると、C-HRが1369台で苦戦気味となっているが、そのほかのモデルはヒットモデルといっていい販売台数になっている。

 こんなところもトヨタ以外のメーカーを寄せつけない好調さの証となっている。

■海外勢ラインナップに追い付きつつあるトヨタSUV

海外勢のSUVラインナップ数からするとまだまだだが、カローラクロスのデビューによって競い合う準備が整ったという印象だ

 ただし、メルセデスベンツが日本国内でラインナップしているSUVを見ると、GLA、GLB、GLC、GLE、GLS、メルセデスマイバッハGLS、Gクラス、EQA、EQCとなり、さらにメルセデスベンツではクーペにカテゴリーしている、“クーペSUV”となる、GLCクーペ、GLEクーペを加えると、11車種となる。

 BMWが日本国内でラインナップするSUVは9車種、アウディも9車種となっている。いわゆる外資ブランドは海外市場で人気の高い“クーペSUV”のラインナップが充実しているだけ、トヨタよりラインナップ数が多めとなっている。

 すでに人気や流行という表現では語ることができなくなったのが世界市場でのSUVの販売状況。世界第二位のマーケットとなるアメリカでの2021年6月の新車総販売台数は1335万9000台、その内小型ピックアップトラックを含むSUVの販売台数は986万1000台となり、全体のなかで約73%を占める勢いとなっている。

 先進国のみならず、中国やASEANなど新興国でもおしなべてSUVが販売の主流になっているもしくは、なろうとしているといっていいだろう。

 そのなかで、日系ブランドは世界市場でもトレンドに乗り遅れSUVのラインナップは少なめとなっている。さらに日本市場はガラパゴス市場とも呼ばれているぐらい、世界市場とトレンドがズレているのだが、ようやくここ数年はSUVが注目されるようになっている。

■購入してから気付く不満も

日本でのSUV人気を決定づけたといってもいいC-HR。GRスポーツも登場して売れ行きに拍車をかけたが、購入してから後席や荷室の狭さに不満を持つユーザーもいた

 日本では3車種しかSUVをラインナップしていない日産でも、アメリカでは7車種ラインナップしている。しかし、トヨタのアメリカでのSUVラインナップは顔ぶれこそ多少変わるものの、日本市場と品ぞろえはほぼ変わらないので、トヨタがとくにSUVのラインナップが多いというわけでもない。

 ただし、縮小が顕著な新車販売市場ともいわれる日本で隙間なくラインナップを構築しているところが注目されているのである。

 トヨタの今日でのSUVラインナップ充実のはじまりを2016年として、時系列で見ていくことにする。2016年にC-HRがデビューすると爆発的な大ヒットとなった。それもそのはず、当時C-HRが登場するまで、トヨタでクロスオーバーSUVといえばハリアー(先代モデル)ぐらいしかなかった。

 しかもハリアーはトヨペット店の専売となっていた。そのようななか、SUVがジワジワと“きている”のを感じていたトヨタ系ディーラー(とくにトヨペット店以外の)セールスマンはC-HRの発売を心待ちにしていて、発売後はとにかく売りまくった。

 当時は3代目プリウスが爆発的にヒットしたことで、3代目プリウスユーザーが多くいたのだが、4代目プリウスが“アクが強い”とのことで、乗り換えるユーザーも少なめで、そんな3代目プリウスユーザーの受け皿としてもC-HRの販売促進を行った。

 しかし、C-HRは極端なクーペSUVスタイルを採用していたので、後席や荷室が狭く実用性に欠けていた。しかし、売る側だけでなく、買う側も勢いで買ってしまったという人も多く、納車後に後席や荷室の狭さに不満を持つユーザーも目立っていた。

 売る側のセールスマンも「なんか無理に売ってしまったようで」と後悔する商談も多かったそうだ。

 そんななか2019年春に現行RAV4が国内デビューする。販売ターゲットはヴァンガードやクルーガーなど絶版SUVユーザーとなっていたが、セールスマンのなかには、自分が管理するC-HRに乗っているお客のなかで、不満を持つひとにRAV4への乗り換えを積極的に勧め、実際乗り換えるひとが多かったそうだ。

次ページは : ■他車からSUVに流れることも