30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは

平成4年と令和4年で比較! 新車価格150〜450万円前後で買える国産スポーツたち

 一昔前と比較して、クルマが高くなったと感じる人は多いはず。

 かつて100万円前半で買えた軽自動車も、いまや200万円台に突入することも珍しくなくなった。高くなった分、各種安全装備や運転サポートシステムなど、クラスを問わず進化を遂げている側面もある。

 さらに、原材料や各種資材、輸送費などの高騰、安全装備、開発費、人件費・・。1台のクルマが誕生するまでに掛かるコストが増えているだけに、やむを得ない面も少なからずあるだろう。

 今回、30年前の「平成4年5月」と現在の「令和4年5月」で、それぞれの価格帯でどんなスポーツモデルを選ぶことができたのか?検証してみた。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱

【画像ギャラリー】30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは(15枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ