【スープラ、GT-R、NSX…】 伝説の90年代スポーツを伝説の脇阪寿一が試乗!! どれが一番胸躍る!?


■もう一台の1990年代スポーツの雄 マツダ FD3S RX-7

 1990年代のスポーツカーでもう1台、忘れてはならないモデルがある。マツダRX-7の3代目、FD3S型だ。654cc×2の13B-REWロータリーエンジンは当初255psでスタートし、1999年には当時の自主規制値280psに到達した。

その美しい外観デザインは、当時イギリスで「最も美しい車100選」に選出されるほどだった


【番外コラム】“ミスターGT” 脇阪寿一が語るスープラ回想録

 脇阪氏が全日本GT選手権において初のシリーズチャンプとなった2002年シーズン。その相棒、ESSO Ultraflo Supraを振り返る。

*   *   *

 JGTCスープラとの初の出会いは2000年シーズンが終わり、オフのTRD開発テストを行ったセントラルパーク美祢サーキットでした。

ESSO Ultraflo Supra

 最初の印象はじゃじゃ馬。そのシーズンに僕が乗っていたNSXとはまったく違う乗り物で、エンジンはターボだし、リアの動きなんかはFF車!? って思うくらい軽く、2コーナーのフルブレーキングでリアタイヤがロックし、スピン連発の出会いです。

 このスープラをどのように乗りこなすのか、NSXと違う手法、スープラのよさをどう引き出すか、頭をフル回転して乗っていたことを覚えています。

 数回の開発テストをこなし、所属先のTOYOTA Team Le Mansと合流、あのエッソ ウルトラフロー スープラと出会いました。

 移籍して最初のレースは2001年開幕戦の岡山。僕のミスでリタイヤし、プロのドライバーとして、移籍が正しかったか!? 移籍をウエルカムされているのか!? など、精神的に勝手に自分を追い込んでいたことを覚えています。

 迎えた第2戦の富士で優勝できましたが、この優勝が僕にとって、僕を選んでいただいたトヨタさん、チームルマンさん、応援いただいたファンの方々へ、まず最初の恩返し的なものに位置付けることができ、自信を取り戻せたレースとなりました。

 そして2002年にはタイトルも獲得し、 スープラは僕に伝説のバトルの数々を与えてくれました。

チームメイトに飯田章(左)を迎え臨んだ2002年シーズン。第3戦SUGOで優勝した後も着実にポイントを稼ぎ、自身初となるシリーズチャンピオンを獲得

 エッソ ウルトラフロー スープラは、僕にレーシングドライバーとしての自信と結果を与えてくれました。そしてなにより、飯田章選手と共に沢山のファンの皆さんを僕に与えてくれました。

 あの頃は自分も若く、「俺、速いやろ! 人気あるやろ!」って思っていましたが、今から考えたらエッソウルトラフロー スープラが、あのスープラが僕にスピードも成績も、沢山のファンの皆さんも与えてくれたのだと思っています。

 ですからエッソ ウルトラフロー スープラは僕にとって最も大切なクルマなのです。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ