【N-BOX対タント対スペーシア】 「走り」で競う!! 軽ハイトワゴン大運動会


【結果発表】 得点1位のタントカスタムを大逆転して優勝はスペーシアカスタム!

大運動会全種目の順位点と評価点を合計した結果はこうなった。

【1位】タント 76点
【2位】N-BOX 72点
【3位】スペーシア 69点

動力性能、制動力、コーナリングの限界性能、ジムカーナでの運動性能に燃費まで入れた結果だから、タントの1位は立派。

しかし! ドライバーが感じ取るフィーリングも大切ということで、テスター大井貴之はこの点数とは別の結論を出したのだった!

●大井貴之の結論

点数ではタントが優勝! となったが、ドライバーとして運動会の順位を決めるとしたらスペーシアがNo.1。僅差の2番手がタントで、N-BOXは3番手と変わる。というのが富士スピードウェイのジムカーナ場でテストした結果で、タントも運動性能では悪くなかった。

しかし、一般道や荒れた路面での乗り心地や余裕のあるパワー、そしてドライビングポジションなどを含めた総合評価ではN-BOXをNo.1としたい。

それと比べてしまうとスペーシアは2番手。ボディ剛性、ドライビングポジション、シートの出来などを評価項目に加えてしまうとタントは3番手。ライバルに比べて設計が古いのが差として表われているのかもしれない。

総合評価ではN-BOXが№1だが、運動性能ではスペーシアが一番という大井氏の判定となった

すべての種目を終え、スタッフがパイロンの片付けをしている時間にもう1種目、勝手にワインディング試乗を行ったのだが、それも加味するとN-BOXがトップなのだ。N-BOXの総合力の高さはずば抜けている。

とはいえ今回は運動会。事情があって背高のっぽの軽ワゴンを選ばなければならないものの、スポーティなハンドリングは捨てられない! という読者のための企画。

とすれば、お薦めNo.1はスペーシアでキマリ! 乗り心地を重視したN-BOXは運動性能でスペーシア、タントに劣る。