【薔薇? 太郎?? 運動将軍???】 和の志を感じるクルマ&バイクの名前たち


 トップの画像は日産のGT-R 50 by Italdesign。GT-Rの50周年記念車両だ(画像そのものは9月に東京・代官山に現れたGT-Rをベストカー編集部が激写したもの)。

 イタルデザインとの共同開発により、車体随所に配されたゴールドがナイスフィーリングだが、特にナイスなのがフロントフェンダー、ドア直前(画像のフロントタイヤのすぐ右側)に設けられたエアアウトレット。やはりゴールドがはめ込まれることで存在を主張するそのエアアウトレットは「サムライブレード」と名付けられている。

 素晴らしい。「ソード」ではなく「ブレード」と名付けるあたり、日本の心をわかっている。が、思えば日産は日本の会社なので当然だった。

 そんな日本の魂を世界に叫ぶGT-R 50周年記念車両登場を記念して、「和」を感じさせる車名、愛称が与えられたクルマやバイクを、バッコンバッコン紹介していく。

「粋」や「雅」を感じさせる車両の数々。なぜ日本でもこの名で販売しない、もしくはしなかったのか。おしりペンペンして問い質したくなること確実の企画だ。ペンペン。

※本稿は2018年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月10日号


■将軍(MITSUBISHI パジェロ)

 イギリス名が「SHOGUN」。ダカール・ラリーでの活躍を思えば「将軍」を名乗るに足る実力車であることに疑いはない。イギリス人もひれ伏すこと必定であろう。

■運動将軍(MITSUBISHI パジェロスポーツ)

 パジェロスポーツ、モンテロスポーツの名で多くの国で販売されたチャレンジャーだが英国では「SHOGUN SPORT」。運動将軍の訳はたぶん間違っている。

次ページは : ■札幌(MITSUBISHI ギャランΛ)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ