【最初は嫌いだった? スープラ インプ スカイライン】 一周まわって好きになったクルマ


■ホンダ アヴァンシア(1999~2003年)

(TEXT/渡辺陽一郎)

同様のモデルに日産のルネッサがあったが、どちらもあまり人気では……

〈どこがイマイチだった?〉
 1999年の発売時点では、車内の広いワゴン、あるいはハッチバックというクルマ作りが曖昧に感じた。

〈一周まわってどこが好き?〉
 しかし今は「もっと大人を愉しもう」というコンセプトが時代に合っている。前後席にセンターコンソールが備わり、特に後席が快適だ。

 大切な友人夫妻と4名でドライブに出かける時などに、アヴァンシアは最適だ。ホンダはSUVだけでなくワゴン&ハッチの可能性をもう少し追求してほしい。

*   *   *

 さまざまな理由で現役当時は高く評価されなかったクルマたち。が、ここで紹介されたもののように、時間が経てばそのクルマが持っていた本来の資質が再評価されることもある。ま、クルマからすりゃ、「なら現役時に評価しろよなー」と言いたいところだとは思うけど。


【番外コラム】 編集部が考える最近、妙にカッコよく思えるクルマはコレ!

 本誌でおなじみの評論家陣に、最近評価が好転したクルマを聞く当企画。ベストカー編集部からも「最近、カッコよく見えるんだよ」というクルマを2台ほど紹介させてほしい。

 一台はプログレ。

セダンの本質を追求したマジメなモデル

 トヨタが1998年に発売した小さな高級車だ。デビュー時はその顔つきに疑問符つきまくりだったが、今考えるとこのクルマほど冠婚葬祭のシーンにマッチするクルマはない気がする。

 もう一台はマツダのCX-7。

CX-7。スタイリッシュやなーと。

 今のマツダのクルマが「魂動」デザインで統一されるなか、時折街中で見ると、妙にカッコよく思える。「コレは和製マカンだ!」と言おうと思ったが、それはさすがに言いすぎかもしれない。スマン。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ