ヤリス スイスポ インプ 安くて楽しくて日常使いもイケる!! 万能国産FFスポーツ 13選


■スズキ スイフトRS(ガソリン・178万2000~183万9200円)

 エンジンは直4、1.2Lで91ps‌/12.0kgmと非力だが車重が900kg前後と超軽量なので動力性能は悪くない。

 870kgの5速MT車は余計なものを取り去り、走りと実用性の高いモデルだ。

 ハンドリングはスポーティさのなかに落ち着きあるサスストロークが光る。硬いが不快感は少ない。安価なのも魅力。

スズキ スイフトRS(ガソリン・178万2000~183万9200円)

●全長3855×全幅1695×全高1500mm ●車両重量:870kg ●エンジン:直4、1.2L NA ●出力:91ps/12.0kgm ●5速MT/CVT

■スバル インプレッサスポーツ STIスポーツ(270万6000円)

 水平対向エンジンでシンメトリカルAWDが売りのインプレッサだが、FFモデルもラインナップされている。AWDモデルに比べ燃費も0.6km/Lよく、価格はマイナス22万円とお得感が高い。

 FFモデルでもボディやサス形式は同じ。もちろんエンジンも同じで、走りのクォリティはAWDモデルと遜色はない。あるのは雪道など悪路での走破性、あとは限界域で若干アンダーステアが発生しやすいくらいだろうか。

 全車アイサイトを標準装備しており、ダンパー&スプリングはSTIチューンのスポーツパーツを採用している。

スバル インプレッサスポーツ STIスポーツ(270万6000円)

●全長4475×全幅1775×全高1480mm ●車両重量:1350kg ●エンジン:水平対向4、2L NA ●出力:154ps/20.0kgm ●CVT

*   *   *

 超高性能車、シビックタイプRが買えなくなった今でも、まだまだ魅力的なFFスポーツモデルが多いことが、おわかりいただけたのではないだろうか。

 パワーはなくともハンドリングに優れるモデルであれば充分スポーツ走行を楽しめるし、それでもパワーが欲しい層にはダウンサイジングターボ搭載モデルもある。しかも価格はリーズナブルときた。

 ってわけで、FFスポーツ、マジでおすすめです。


次ページは : 【番外コラム】FFスポーツ、軽・輸入車で選ぶならどれ???

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ