令和のモトコンポか!? 安全性はどうだ? 折り畳み電動スクーターの実力に迫る!!


 担当の近所に斜度6度、高低差12mという有名な急坂があり、しばしばこれを上り下りする羽目になるのだが、いつも心臓バクバクである。

 こんな時に電動バイクがあれば楽なのだがと思ってたまに検索するのだが、ある時とても不思議な形の製品を見つけた。

 楽天の注目度ランキングと満足度ランキングで1位を獲得したブレイズのスマートEVである。デザインにオリジナリティがあり、折りたたみ方も独自のもの。

 電気用品安全法に適合した製品でPSEマークを取得。またブレイズではすべての車両を出荷前に検査し、安全に配慮しているという。これはぜひ乗って試してみたいとのことで、今回の試乗が実現した!

文:池之平昌信/写真:池之平昌信・和哉

【画像ギャラリー】ブレイズスマートEVのメーターやウインカーなど細部をチェック!


■折りたたみ可能な18kgの電動バイク

筆者身長約170㎝。足は短めだが両足べったり地面につくので安心

 宅配便が届いた。「こんな大きな箱でも普通に届くのか!」と思うほどデカイのだが、佐川急便のお兄さんは平然としている。

 狭い我が家に入れるのは難しいので玄関前で開封してみると、ひょっこり出てきた電動バイク。まるでかぐや姫かのように発砲スチロールで梱包されていたが、それを引っ張り出す。

 18kgと「モーターサイクル」としてはかなり軽量だが、それを乗車できる状態にするまでは、やや苦戦。それでも30秒ほどでバイクの形になった。

 前輪とサイドミラーは外れているが、説明書を見ながら同梱されている工具で簡単に取り付けることができる。

■軽快にスイスイと走る!

加速重視から電費重視まで4段階の走行モードが選べる。原付の法定速度の30km/hで走行可能だ

 はやる気持ちを抑えつつスイッチON。そしてリモコンキーのボタンを2回押すと……「ピュウピュウッ」という電子音と英語のアナウンス。

 おーミライ的! 原チャリ界のテスラ? といっていいほどの感動だ! 試乗車はすでに充電してあったので、すぐに走行が可能だ。早速ヘルメットと手袋を着用してご近所パトロールを開始した。

 超スリムな見た目とは違って、意外とパワフルな走り。走行モードは1~4まで設定可能だが、2か3が好印象。

 航続距離は多少伸びるのだろうが、1だとややモタモタ感がある。4だとパワフルすぎてウィリーしかねないので、注意が必要だ。

「ウイーーン」という静かなモーター音とともに生活道路を15km/hほどで流す。気分はかなり楽ちんな小型自転車。

ブレイズのロゴの入った円形の部品を中心に折りたたまれる。前後輪を引き寄せ、シートを倒す

 しかしこのBLAZE SMART EVはあくまでも「第一種原動機付自転車」。当たり前だが一時停止、右左折時のウィンカー、後方確認と結構忙しい。

 そして、ちょっと走り廻っただけでも、子供も大人も老人でも「何だ、ありゃ?」と、かなり奇異な視線を浴びせてくる。

 公園で遊んでいた小学生たちが叫んだ「あれ? 何? バイクなの?」という言葉も、ほぼ無音で走っているので、はっきりと聞こえた。注目度バツグンだ。

 目立つのが好きな人はかなり満足度高いが、そうでない人はサングラスか、スモークシールド付きフルフェイスヘルメットを推奨する。

次ページは : ■1回の充電で30km走行可能

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ