アルファード VSグランエース徹底試乗比較!! 禁断の同門ガチバトル


■2台の採点&総括 両氏はこの2台をどう評価したか?

 試乗を終えたところで、清水氏と渡辺氏のふたりが対談。グランエースとアルファードの2台を比較してどうだったのか? 各々の意見を率直に語り合ってもらった。

*   *   *

ベストカー(以下BC):乗り比べての結果、まず乗り心地はいかがでしたか?

清水:グランエースは、トラックを連想させるほど堅牢だ。乗り心地は凄くいいわけじゃないけど、しっかりした乗り味が好印象だね。私は、アルファードより好きだな。

※写真はイメージです

渡辺:グランエースは最小回転半径を抑えるため、細めのタイヤを履き、空気圧も高め。だからタイヤの固さを感じるのが、残念。でもしっかりしたシャシーのおかげで、全席ともに乗り心地はいい。後席を満点にしたのは、シートの作りのよさだね。一方、アルファードは、ボディが意外とヤワ。グランエースと比べると、ロードノイズが大きく、重厚感も乏しい。

BC:それぞれの走りのよさは、どこにありますか?

清水:グランエースは、ディーゼルの力強さだよね。

渡辺:運転のしやすさならアルファードだね。重心も低いし、操舵に対する正確性も、こちらが上。格下のミニバンからの乗り替えも問題なしだ。

BC:静粛性の評価は、おふたりでまったく異なりますね。

※あくまでイメージです

清水:グランエースの評価が低いのは、ディーゼル音がトラックを連想させるから。これがメルセデスのものだったら、どれほど静かだろうね。

渡辺:アルファードはハイブリッドゆえ、アクセルを踏み込んだ時のエンジン音が気になる。その点、グランエースのほうは、遮音を入念にしたことで、走行中の車内の静粛性が高く感じられる。その点を評価した。

清水氏はグランエースのディーゼルターボによる力強い走りのよさがいいとする一方、静粛性はいまひとつという評価だった

BC:総評をお願いします。

清水:私は、グランエースの勝ち。カーマニアとしては、レアのほうがいい! だってアルファードは、ヤンキーや職人の憧れる一台で、たくさん走っている。でも、そんな彼らもグランエースの前にはひれ伏すんじゃない。

渡辺:俺は、アルファード。そもそもグランエースが月販50台って、志が低いよ。売れ線のミニバンで、王者アルファードと対決させたくなるくらい話題性があるのに……。そんな弱気の姿勢に喝だ!

清水:安くて、数も少ないなら、グランエースは取り合いになるでしょ。需要より一台少なく作る、これが基本。

渡辺:トヨタはフェラーリじゃないんだからさぁ。(編集部注/かつてエンツォ・フェラーリが、「いいか、客の需要をしっかりと調べつくせ。そのうえで、その需要より1台少なく作るんだ」と語ったと言われている)

清水:トヨタにフェラーリがあったっていいじゃない! ミニバン界のフェラーリを目指して頑張ってほしいなぁ。

結果(採点表)はこちら! 最終的に清水氏はグランエースの勝ち、渡辺氏はアルファードの勝ち、と判定!

【番外コラム】取材を終えて

(TEXT/編集部)

 この2台、対象ユーザーは似通っているがキャラクターは全然違った。

 アルファードは2.5Lハイブリッドのおかげで静か、加速もいい。一方のグランエースは「トラック感覚」で、これを両評論家ともに「これはこれでおもしろい」と絶賛していた。

 アルファードの3列目はこれまで「快適」という評価を受けていたが、より快適なグランエースが出てきた今、各メディアの評価は相対的に下方修正されそうだ。グランエースであれば2列目の奪い合いという悲しい争いは起こりにくいだろう。

 両者の採点とインプレッション、どちらが正解ということはない。自分の感覚に近い評論家はどちらか、考える際の目安にしてほしい。

クルマが動いている間はこの体勢で座るのはNG。かかとを床につけ、シートベルトがキッチリかかっていることを確認しよう

【画像ギャラリー】鳴り物入りで登場した究極のVIPカーVSミニバン界の皇帝!!! グランエース&アルファードをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ