三菱 スタリオン vs. ポルシェ924ターボ  日独ターボスポーツ対決【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は1982年に行われた三菱スタリオンとポルシェ924ターボの誌上対決を取り上げます。

 スタリオンはギャランΛをベースにしたターボGTカー。スター(STAR)とアリオン(ARION=ヘラクレスも乗ったとされる名馬)を組み合わせた名を持つスポーツクーペは、走りも強烈。2Lターボを搭載しての走りはそれまでの三菱のイメージを一新しました。

 ’82年8月号のポルシェ924との比較試乗記をお届けします。技術力で国産車を引っ張っていた三菱の姿がここにあります。

文:徳大寺有恒
初出:ベストカー2016年6月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


三菱スタリオン
三菱スタリオン

■ウエットとはいえポルシェ924ターボを上回る加速を見せたスタリオンターボ

 スタリオンのスタイリングはスポーツクーペだ。Cd値0.35という空力ボディを持ちシャープな面構成としている。ベースとなるギャランΛよりもホイールベースを10mm縮めていてバランスも悪くない。

 フロントがややうるさいきらいはあるが、真正面からの断面はなかなかいい。並べてみるとポルシェ924が最もスムーズでムダがない。ムダがなさ過ぎて迫力を欠くということもあるがフェンダーの膨らんだポルシェ944よりはいい。

 動力性能はどうだろう? スタリオンの動力性能は、2Lターボとしてはベストに近いものだ。土砂降りのなかで、0~400m加速16.60秒、0~100km/h加速 10.86秒は立派な数字だ。

 最近三菱はすっかりターボコントロールを会得したらしく、低速から高速まで淀みなく吹け上がり、ターボのいやらしさを消していることも感心だ。最高速も186.28km/hと、これも充分なスピードだ。

 ただし、現状は145psとそれほどターボの恩恵を受けているとはいえず、2L DOHC並みで、もう少しパワーがあってもいい。

 この点ポルシェ924はターボは凄い。0~400m加速16.62秒、0~100km/h加速9.39秒であったが、過去のドライ路面でのテストは0~400m加速15.79秒を出しており、最高速も203.67㎞/hを記録している。

 ポルシェ924ターボは間違いなく世界一の2Lカーだが、スタリオンもかなりいい線いっていることは確か。ただし、スタリオンの上をいくのがサバンナRX-7だ。

ギャランΛをベースにした直線的なクーペフォルムが特徴。リトラクタブルヘッドライトは当時の流行でサバンナRX-7やセリカXXも採用した
ギャランΛをベースにした直線的なクーペフォルムが特徴。リトラクタブルヘッドライトは当時の流行でサバンナRX-7やセリカXXも採用した

■スタリオンの楽しいハンドリング

 スタリオンのハンドリングはポルシェのようにスポーツカーらしい緊張感はないが、楽しいものであることは間違いない。この日のようにウエットな状態ではスロットルを踏みすぎても戻してもテールが流れ始める。

 ただし、どちらの場合もすべり方が急激なものではなく、コントローラブルなものだった。そのことからスタリオンはオープンロードでは相当に速いゾという感じを受けた。

スタリオンのエンジン。Λと同じものだが後に175psにパワーアップされ、’84年には国産量産車初のインタークーラーターボが与えられ最高出力は200psまで伸びた
スタリオンのエンジン。Λと同じものだが後に175psにパワーアップされ、’84年には国産量産車初のインタークーラーターボが与えられ最高出力は200psまで伸びた

 スタリオンのサスペンションはギャランΛと基本的には同じで、前後ストラットだ。しかし、フロントのジオメトリーはかなり変えられている。

 すなわち、キャスター角は5度20分と大きく取り、キャンバーはゼロとしている。これは直進性をよくし、タイヤの性能を有効に生かす(ゼロキャンバー)ためである。

 またストラット上部にラバーヘルパーをつけ、大きな荷重の時だけスプリングの補助として作用する。前に21mm、後に16mmとスタビライザーを装着しロールを抑えている。

 いっぽうポルシェ924ターボは前ストラット、後セミトレーリングアームである。キャスター角は2度30分とスタリオンとは好対照でスタビライザーは前23mm、後14mmだ。

 そしてポルシェ924ターボがスタリオンと決定的に違うのはトランスミッションの配置だ。ポルシェは後部へ持っていき、デファレンシャルと一体となるトランスアクスル式である。

こちらは924ターボのエンジン。924ターボは1980年にラインアップされ、翌年すぐに150psから160psにパワーアップされている
こちらは924ターボのエンジン。924ターボは1980年にラインアップされ、翌年すぐに150psから160psにパワーアップされている

 直進安定性となると高速になればなるほどポルシェ924ターボの独壇場だ。まるでタイヤが路面と接触せず、ボディで滑っているかのごとく走るのだ。

 このフィールはポルシェ924ターボ独特のものだ。スタリオンも高速域での直進安定性はいいほうだ。国産車のなかではトップレベルといっていいだろう。ただポルシェ924ターボにはまだまだ及ばない。

ポルシェ914の後継として開発が始まった924は当初、プラットフォームをVWやアウディの量販車から流用されていて、リアサスはVWタイプⅠのものだった
ポルシェ914の後継として開発が始まった924は当初プラットフォームをVWやアウディの量販車から流用されていて、リアサスはVWタイプⅠのものだった

 ポルシェのコーナリングはどうだろう。スタリオンと比べると、ポルシェはもう極めてシビアで、スロットルを戻すと一瞬ノーズが回り込む。

 むろん、アンダーも弱くスリッピィな路面ではドライバーは、いつもお尻のセンサーを敏感にしておかなければならない。もちろん、そのコーナリングスピードは相当高い。ただし、ドライバーの腕前しだいであることはいうまでもない。

 2台を比較するとスタリオンはポルシェ924ターボの3分の1で買えることが大きな魅力だ。5速で200万円を切る価格は内容と速さを考えると注目に値する。

 よりスタビリティの高いEC(英国)仕様サスとLSDのセットをオプション装着すればさらに戦闘力はアップするだろう。しかし、まだまだポルシェ924ターボから学ぶものは多いというべきだろう。

スタリオンに乗り込んだ徳さん
スタリオンに乗り込んだ徳さん

◎スタリオンターボGSR-II 主要諸元
全長:4410mm
全幅:1695mm
全高:1320mm
ホイールベース:2435mm
エンジン:直4SOHCターボ
排気量:1997cc
最高出力:145ps/5500rpm
最大トルク:22.0kgm/3000rpm
車重:1215kg
トランスミッション:5MT
サスペンション:ストラット/ストラット
10モード燃費:11.0km/L
当時の価格:199万5000円

最高速:186.28km/h
0〜400m:16.60秒
0〜100km/h加速:10.86秒
※いずれもウエットでの記録。

◎ポルシェ924ターボ 主要諸元
全長:4185mm
全幅:1685mm
全高:1280mm
ホイールベース:2400mm
エンジン:直4SOHCターボ
排気量:1984cc
最高出力:160ps/5750rpm
最大トルク:21.4kgm/3500rpm
車重:1250kg
トランスミッション:5MT
サスペンション:ストラット/セミトレ
10モード燃費:ー
当時の価格:685万円

最高速:200km/h
0〜400m:16.62秒
0〜100km/h加速:9.39秒
※いずれもウエットでの記録。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ