三菱 スタリオン vs. ポルシェ924ターボ  日独ターボスポーツ対決【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

三菱 スタリオン vs. ポルシェ924ターボ  日独ターボスポーツ対決【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は1982年に行われた三菱スタリオンとポルシェ924ターボの誌上対決を取り上げます。

 スタリオンはギャランΛをベースにしたターボGTカー。スター(STAR)とアリオン(ARION=ヘラクレスも乗ったとされる名馬)を組み合わせた名を持つスポーツクーペは、走りも強烈。2Lターボを搭載しての走りはそれまでの三菱のイメージを一新しました。

 ’82年8月号のポルシェ924との比較試乗記をお届けします。技術力で国産車を引っ張っていた三菱の姿がここにあります。

文:徳大寺有恒
初出:ベストカー2016年6月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


三菱スタリオン
三菱スタリオン

■ウエットとはいえポルシェ924ターボを上回る加速を見せたスタリオンターボ

 スタリオンのスタイリングはスポーツクーペだ。Cd値0.35という空力ボディを持ちシャープな面構成としている。ベースとなるギャランΛよりもホイールベースを10mm縮めていてバランスも悪くない。

 フロントがややうるさいきらいはあるが、真正面からの断面はなかなかいい。並べてみるとポルシェ924が最もスムーズでムダがない。ムダがなさ過ぎて迫力を欠くということもあるがフェンダーの膨らんだポルシェ944よりはいい。

 動力性能はどうだろう? スタリオンの動力性能は、2Lターボとしてはベストに近いものだ。土砂降りのなかで、0~400m加速16.60秒、0~100km/h加速 10.86秒は立派な数字だ。

 最近三菱はすっかりターボコントロールを会得したらしく、低速から高速まで淀みなく吹け上がり、ターボのいやらしさを消していることも感心だ。最高速も186.28km/hと、これも充分なスピードだ。

 ただし、現状は145psとそれほどターボの恩恵を受けているとはいえず、2L DOHC並みで、もう少しパワーがあってもいい。

 この点ポルシェ924はターボは凄い。0~400m加速16.62秒、0~100km/h加速9.39秒であったが、過去のドライ路面でのテストは0~400m加速15.79秒を出しており、最高速も203.67㎞/hを記録している。

 ポルシェ924ターボは間違いなく世界一の2Lカーだが、スタリオンもかなりいい線いっていることは確か。ただし、スタリオンの上をいくのがサバンナRX-7だ。

ギャランΛをベースにした直線的なクーペフォルムが特徴。リトラクタブルヘッドライトは当時の流行でサバンナRX-7やセリカXXも採用した
ギャランΛをベースにした直線的なクーペフォルムが特徴。リトラクタブルヘッドライトは当時の流行でサバンナRX-7やセリカXXも採用した

次ページは : ■スタリオンの楽しいハンドリング

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ