ホンダ初の本格スペシャリティ! プレリュード 試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】


 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回はホンダ プレリュードを取り上げます。

 ホンダが145クーペ以来となるクーペとして誕生させたのがプレリュードでした。注目はスイッチひとつで開閉できる電動式のサンルーフ、スピードメーターとタコメーターを同軸上にレイアウトした集中ターゲットメーター、オプションながら日本車初となるコノリーレザーシートなど、当時としては高価で特別な装備が数多く採用されていました。

 それらを、果たして徳さんはどう見定めたか? 『ベストカーガイド』1979年2月号の記事からリバイバル。

文:徳大寺有恒
ベストカー2017年2月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■落ち着き、引き締まったスタイリング

 シャープなラインで構成された2プラス2クーペ。ホンダ/プレリュードの最初の印象はなかなかのものであった。

当時FRが当然だったクーペにあってFFで勝負したのがこのプレリュード。オーソドックスなノッチバックスタイルですっきりした印象だ
当時FRが当然だったクーペにあってFFで勝負したのがこのプレリュード。オーソドックスなノッチバックスタイルですっきりした印象だ

 全体のフォルムは確かにメルツェデス・ベンツ450SLCによく似ている。特にサイドビューのリアクォーターウインドウのあたりはメルツェデスを思わせる。口の悪い業界雀はこのクルマが出る前から“越ベンツ”と呼んでいたことを思いだした*。

 しかし、これもいたしかたあるまい。メルツェデスに似ているのは何もこのクルマだけではない。マスタングだってそっくりなのだから。

*川越のとなり、狭山工場でプレリュードは生産されていたため

後席はプラス2というもの。シートはファブリックだが、コノリーレザーがオプション設定された
後席はプラス2というもの。シートはファブリックだが、コノリーレザーがオプション設定された

 私がこのプレリュードのスタイルに関して意見があるとすれば、あまりにも全高を低くしたいために、ウインドウの面積が相対的に小さくなり、やや窮屈そうに見えることなのである。ロングノーズ、ショートデッキのバランスも平均的で、その全体から醸し出すこのクルマの印象は平凡である。

 全長4090×全幅1635×全高1290mm、ホイールベース2320mmという数字だが、実際に見た感じはこのディメンションよりも小さく見える。これはけっして悪いことではない。

 なにも実寸よりも大きく見えることは重要ではなく、むしろ、この種のスペシャルティカーとしてムダのない、そして引き締まったスタイルこそ望まれるのだから。

■スペシャルティカーへのホンダの意気込み

 プレリュードはいうまでもなくスペシャルティカーである。そして、そのベースとなったのはアコードであるはずなのだが、実はフロアパネルはアコードと共通ではない。2320mmというホイールベースの新しいフロアパネルを新設計したのである。このあたりが、いかにもホンダらしいやり方であり、トヨタ、日産の可能なかぎり(例えそれが少々妥当性を欠いたとしても)部品を共通とするのと趣を異にしている。

 グレードは4つ。XTが一番安く、XEが一番高いが、その差は単にアクセサリーの大小でないことが面白い。プレリュードの大きな売りである電動サンルーフは一番安いXTで標準なのに、その上のEは車速応動タイプパワーステアリングが装備されるが、電動サンルーフはないといったあんばいだ。

日本車初の電動式サンルーフが廉価グレードE以外に標準装備となっていた
日本車初の電動式サンルーフが廉価グレードE以外に標準装備となっていた

 またXRは175/70SR13というファットなタイヤをはき、スタビライザーを備えたスポーティなバージョンであるという具合に、それぞれスペシャルティカーを買う以上、上下はなく、あるのは使用途別によるものという主張は賛成だ。

次ページは : ■ややパンチに欠ける1.8Lエンジン

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ