トヨタ セラ試乗 恍惚のガルウイング【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回はトヨタのセラを取り上げます。

 バブル時代には楽しいクルマが数多くありましたが、“庶民の手に届くスーパーカー”といえば、トヨタがスターレットをベースに作り上げたセラでした。

 160万円(編集部註:5MTモデルの価格。ATモデルの価格は167万5000円)でガルウイング採用と、採算度外視!? のプライスは、当時大きな話題に。

 広大なガラス面を持つキャノピー感覚のコックピットも新鮮で、販売面こそ振るいませんでしたが、記憶に残るモデルとなりました。徳さんも大いに感心した1990年4月26日号の記事をリバイバル。

文:徳大寺有恒
ベストカー2017年3月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ