アウディe-tron GT 2021年秋日本導入を発表! ひと足先に試乗チェック!!

日本導入2021年秋を発表した電動4ドアクーペ! アウディe-tron GTをひと足先に試乗チェック!

 今年2月に世界初公開されたばかりのアウディの新型電気自動車「e-tron GT」が4月6日に日本で初公開されたが、このアウディEV第2弾となる電動4ドアクーペにひと足早くドイツで試乗!

 アウディe-tron GT クワトロと、その高性能バージョンであるRS e-tron GTの海外試乗記を、ドイツ在住モータージャーナリストの木村好宏氏のリポートでお届けします。

文/Y.Kimura  写真/Audi

【画像ギャラリー】100%電気自動車の本格4WDスポーツ! 新型アウディe-tron GT クワトロとRS e-tron GTはこちら!!


■3年前のプロトタイプとほぼ変わらぬデザインでデビュー!

アウディRS e-tron GTとチーフデザイナーのマーク・リヒテ氏

 アウディジャパンが4月6日に発表したアウディ「e-tron GT クワトロ」および「RS e-tron GT」の量産モデルを試乗する機会を得たので、ここで皆様に紹介しよう。

 試乗会が行われたのは、日本でも馴染みのある北ドイツの港町ハンブルグである。用意されたe-tron GTは、ハイパフォーマンスのRS e-tron GT、そしてスタンダードのe-tron GT クワトロの2機種であった。

 私がe-tron GTと初めて遭遇したのは、今から3年前にプロトタイプでロサンゼルス市街地を走った時。

 その後に行われたチーフデザイナーであるマーク・リヒテとのインタビューで、彼がこれまでのキャリアでもっとも気に入った「GTデザイン!」と自画自賛し、「このプロトのデザインで量産化して見せる!」と意気込んでいたのが印象的であった。

 そして今回、ハンブルグで対面したe-tron GTはリヒテが約束したように、確かに当時とほとんど変わらない姿で私を迎えてくれた。

■プラットフォームはポルシェタイカンと共通

2021年4月6日にe-tron GT クワトロの市販モデルが発表された。プロトタイプのデザインがほぼ踏襲されている。システム最高出力は476ps/630Nm、0-100km/h加速は4.1秒

 全長4.99m、全幅1.96m、全高1.38m、そして2.90mのホイールベースからわかるように、プラットフォームはすでに発売が始まっているポルシェ タイカンと同じEV 専用の「J1」を共有している。

 もっとも大きな違いはデザインで、アウディe-tron GTはポルシェ タイカンと比べるとずっと普通、いい意味で古典的なGTスポーツカーである。

 特に完全にグリルレスのポルシェに対して、妙な表現かも知れないがアウディにはまだ自動車っぽい顔がある。さらに初代クアトロを思わせる前後のはっきりしたオーバーフェンダー風プレスラインやリアの抑揚の多いデザイン処理にもアウディらしい高い品質が感じられる。

 インテリアもアウディらしい高品質な仕上げと、人間工学的な使いやすく見やすいデザインに仕上がっている。すなわちドライバー正面のバーチャルコックピット、そして大きく弧を描くように広がるダッシュボード中央には10.1インチのタッチパネルがレイアウトされている。

 なお、インテリアにはレザーフリー、すなわち天然の革に代わるカーボンニュートラルの使用済みのペットボトルや回収された古い漁網などの再生素材がフロアマットやシート表皮に使用されている。

 ペットボトルはわかるが、なぜ漁網なのかというと、海の底で使われる漁網は日光による曝露や酸化することが少なく、リサイクルも簡単なのだそうだ。

 しっかりと身体をサポートし、同時に最大で18通りのアジャストが可能な掛け心地のいい快適なシートもGTにふさわしい雰囲気を漂わせている。またCd値は0.24とタイカンよりは0.02劣る空力特性の結果、頭上に余裕のできたキャビンはポルシェよりは長距離移動空間に相応しいコンフォートキャビンである。

 またトランクルームはフロントに81リッター、リアには405リッターの容量が確保されている。

次ページは : ■ハイパワーバージョンのRS e-tron GTは646馬力を発揮!