禁句ゼロ!? オーナーの本音100% #ぶっちゃけどうなの?日産リーフ

禁句ゼロ!? オーナーの本音100% #ぶっちゃけどうなの?日産リーフ

 2021年7月24日に日産自動車の公式YouTubeチャンネルで、生配信の番組が公開された。番組名は「#ぶっちゃけどうなの? 日産リーフ」というもの。

 リーフオーナーを集めて、電気自動車日産リーフを使っての感想をぶっちゃけてもらうというものだ。さてどんな話が飛び出したのか!?

文/ベストカーWeb編集部、写真/日産自動車【PR】

「#ぶっちゃけどうなの? 日産リーフ」スペシャルサイトはこちら


■電気自動車「日産リーフ」オーナーと一緒に「ぶっちゃけどうなの?」という視聴者の疑問を解決する

MCを務めるぺこぱのツッコミ担当の松陰寺太勇さん
同じくMCを務めるぺこぱのボケ担当シュウペイさん

 今回日産自動車の公式YouTubeで配信されたのは、電気自動車「日産リーフ」オーナーと一緒に「ぶっちゃけどうなの?」という視聴者の疑問を解決する1時間の生放送番組だ!

 忖度なし!禁句ゼロ!リーフオーナーの本音が聞けるというのが売りだ!

 MCはぺこぱのお二人、松陰寺太勇さんとシュウペイさん。アシスタントMCは自動車ジャーナリストの今井優杏さん。スペシャルゲストはタレントの井上咲楽さん。

スペシャルゲストの井上咲楽さん

 今回は視聴者がリアルに感じた疑問を解決するコーナーもあり、YouTubeへのコメントやTwitterへの投稿をなど、いくつかの質問を実際に番組で解決する!

■リーフオーナーが語る愛車について

 今回のイベントには5人の日産リーフオーナーが参加! 皆さん電気自動車ライフを楽しんでいる方ばかりという事で、それぞれの愛車について聞かせてもらうことができた!

●EVオーナーズクラブ会長 山梨県の桑原文雄さん

山梨県から参加のリーフオーナー桑原文雄さん

 桑原文雄さんはリーフ(40kWh)所有。これまで7台のEVを所有しており、EVオーナーズクラブ代表を務めている。今年夏には山梨県忍野村で「EVカフェ」をオープン予定だ。

 EVに乗り換えたきっかけは、11年以上前、電気自動車が出る前にメーカーの試乗会が行われて、これに乗りに行ったこと。そうしたら力強さとスムーズさで一発で虜になってしまった。

 5分乗っただけで、これは異次元のクルマだという感覚になり、すぐ予約した。

 リーフの月の走行距離と充電回数は、東京~横浜の通勤に毎日使っていて、週末は山梨を往復するという過酷なドライビングをしているので、月に2500km~3000kmは走る。充電については家で週に1回フル充電して、外に出ると月に7~8回急速充電を行う。

●月間走行距離2000km 大分県の中川大輔さん・伊織さんご夫妻

大分県の中川大輔さん・伊織さんご夫妻

 リーフはゲーム感覚でエコ運転ができて楽しいと語る中川夫妻、現在のリーフは3台目だという。

 出先で急速充電する際順番待ちが気になるところだが、中川夫妻によると「どうしても充電待ちになるのですが、お買い物とかできるところではそんなに困らないです」とのこと。

 また「リーフどうしで譲り合いもあって『10分充電したからどうぞ』と交代してくれたり、そこで仲良くなることもあります」とユーザー同士の交流もあるという。

 リーフの月の走行距離と充電回数は、通勤と休日外出で月に1500km~2000kmくらい走る。充電は家で週に2~3回、出かけたときに外で急速充電器で1~2回とのこと。

●大切な家族の健康を守るためにEVに 東京都八王子市の黒沢大城さん

東京都八王子市の黒沢大城さん

 黒沢さんはリーフe+(62kWh)を所有。自宅はオール電化で「電気自動車は思ったほどメンテナンス費用がかからない」のがいいとのこと。所有するリーフは3台目だ。

 かつて大雨によって地域全体が停電したときにリーフをバックアップ電源として活用できたために、周辺の家の中で唯一明かりをともすことができたという。

 これを実現するにはV2Hという装置が必要なのだが、この装置を使ってリーフの電力を家に送り、それで生活することができる。

※V2Hは電気自動車に貯めた電気を家に使うことができる仕組みのこと。一般家庭ならば4日間電力を賄える(e+62kWhの場合)

 月の走行距離と充電回数だが、あまり乗っていないので走行距離は月に200km~300kmくらいだが、V2Hを使って365日家の電力に活用している。太陽光発電の電力もリーフにためることができて便利。リーフで走るのは買い物のときや遠出があるときなど。

●お父様もリーフオーナー! 新潟県の石沢亜由美さん

新潟県の石沢亜由美さん

 石沢さんはリーフe+(62kWh)を所有する、今回唯一の積雪地在住オーナーだ。充電時間は買い物や散歩、SNSチェックを行っている。

 雪道の走りについては地元でもよく聞かれるそうだが、リーフはバッテリーが底の方に敷き詰められているので低重心で安定していて、不安に思ったことはないとのこと。

 新潟でも四輪駆動じゃないガソリン車も走っているが、それに比べたら全然安心して乗ってられると語る。

 月の走行距離と充電回数だが、月に1000km程度走行、通勤と買い物と子供の送迎がメイン。充電は買い物してるときなどに商業施設で1~2時間普通充電を週3~4回している。家では普通充電をしていて、近所の急速充電を週1回使うくらい。

●押しかけ説明員も担当! 埼玉県の中村さつきさん

埼玉県の中村さつきさん

 中村さんはリーフe+(62kWh)を所有。リーフが好きすぎて「押しかけ説明員」を担当することも。「乗る前エアコン、最高です!」とのこと。初代リーフもデザインが好きで、「形がかわいい」とお気に入り。今のはカッコいいと語る。

 リーフが好きなので、購入した販売会社でイベントがあるときなど、参加してついついお客さんにリーフの説明をしてしまうとか。

 月の走行距離と充電回数だが、月に1000kmくらい走行。家では黒沢さんと同じようにV2Hを利用していて、それで使った分を家で充電している。遠出したときには、急速充電を利用。V2Hを使っているのは、犬を飼っているためで停電すると困るから。

次ページは : ■井上咲楽のリーフでGO!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ