【画像ギャラリー】これまで販売されたGRMN車種の凄さ

iQ GRMN、ヴィッツGRMN、マークX GRMN、ハリアーGRスポーツほか

元記事に戻る【270馬力のヤリスGR-4 カローラGRスポーツ発売】トヨタGR怒涛の新車攻勢!!

■GRMN
 GRMNは(ジーアールエムエヌ、GAZOO Racing tuned by MN)はサーキット走行も想定した数量限定生産の最上位シリーズ。エンジン内部にチューニングを施し、総てマニュアルミッションを搭載し、車輌の特性に合わせてドライカーボンを車体パネルに採用している。”MN”は「Meister of N?rburgring(マイスター・オブ・ニュルブルクリンク)」を意味し、2010年に他界したGAZOO Racingの成瀬弘監督への敬意が込められている
●iQ GRMN(2009年、100台限定生産)
●iQ GRMN スーパーチャージャー(2012年、100台限定生産)
●ヴィッツGRMNターボ(2013年、200台限定生産)
●マークX GRMN(2015年、100台限定 及び 2019年、350台限定)
●86 GRMN(2016年、100台限定)
●ヤリスGRMN(2018年欧州限定、400台限定生産)
●ヴィッツGRMN(2018年、150台限定)
●センチュリーGRMN(2018年、白黒2台限定生産、非売品)

■GR
 「GR」は、最上位ブランドとなる「GRMN」からそのエッセンスを盛り込んだ量販仕様のスポーツモデルとなる。後述するライトバージョンの「GR SPORT」や以前の「G’s」との大きな差異は、パワートレーンにも「GR」専用のチューニングが実施されて動力性能が大幅に強化されていることである。
 これにあわせてボディの更なる高剛性化を実施し、サスペンションやブレーキシステムもより高性能な「GR」専用品が用いられ、走行性能も一般公道をはじめサーキット走行も視野に入れた高度なチューニングが実施されている。なお「GR」は全車種が持ち込み登録となる。
●ヴィッツGR SPORT “GR”(2017年)
●86GR(2017年)
●GRスープラ(2019年)

■GRスポーツ
 上位バージョンとなる「GR」や以前の「G’s」に比べてより多くの顧客層にスポーツモデルを提供するために設定されたのが「GR SPORT」である。「GR」との違いはフロントバンパー(ファンクショナル・マトリックスグリル採用車種)のメッキが鏡面仕上げになっているのと、「GR SPORT」専用のエンブレムで見分けることができる。
 「G’s」に倣って補強によるボディの高剛性化と専用のサスペンションや高性能タイヤは装着されるものの、パワートレーンへのチューニングは一切実施されず、動力性能や環境性能も基準車と同一となる(ベース車にない1.5Lエンジンを積むヴィッツを除く)。
 このように、ライトチューニングではあるが基準車からの変更範囲が広いために持ち込み登録となるものの、一部の車種においては変更範囲を大幅に制限することで車両登録が型式指定となり、基準車と同一の扱いとなっている。また、一部車種においては「G’s」からのブランド替えとなる。
※「G’s」からのブランド替え車種(ファンクショナル・マトリックスグリル非採用車)
●ヴィッツGR SPORT
●プリウスPHV GR SPORT(2017年-)
●ハリアーGR SPORT(2017年-)
●マークX GR SPORT(2017年-)
●ヴォクシーGR SPORT(2017年-)
●ノアGR SPORT(2017年-)
●アクア GR SPORT(2017年-)
●プリウスα GR SPORT(2017年-)
●86 GR SPORT(2018年-)
●カローラアルティス GR SPORT(2019年 タイ限定)
●ヤリス GR SPORT (2019年-欧州限定)
●ハイラックス GR SPORT(2019年-南米、南アフリカ限定)
●コペン GR SPORT(2019年- )
●C-HR GR SPORT(2019年-)
●カローラスポーツ GR SPORT(2020年欧州)

■GRガレージ
 「GR Garage(ジーアールガレージ)」は、「GR」ブランドの発足に合わせて全国のトヨタディーラーに設置された専門のカスタマイズとチューニングを行う専門店。
 GRコンサルタントが常駐しているほか、GR SPORTの試乗車や、カスタマイズパーツなどを取りそろえている。試乗車に関しては、運営ディーラーが取り扱うベース車に準ずる。2019年10月現在、青森県・岩手県・秋田県・福島県・新潟県・山梨県・静岡県・岐阜県・福井県・和歌山県・鳥取県・島根県・香川県・高知県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の21県には、「GR Garage」は所在しない。

第一弾のiQGRMN
GRMNスーパーチャージャー
ヴィッツGRMNターボ
マークX GRMN
86GRMN
ヴィッツGRMN
マークX GMRN 350台が完売
コペンGRスポーツ
C-HR GRスポーツ

元記事に戻る【270馬力のヤリスGR-4 カローラGRスポーツ発売】トヨタGR怒涛の新車攻勢!!

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ