【画像ギャラリー】6月10日に発売される期待のコンパクトSUV、キックスの詳細写真

キックスのエクステリア、インテリアほか

元記事に戻る 待ってました! 日本市場軽視から脱却!? ニッポンの日産が帰ってくる! 

北米、中南米で発売されている2020年仕様の「キックス」。日本仕様は、すでに国内でテストしているところを押さえられているが、フロントグリルが現行型「セレナ」のような縦方向に広がった逆台形のデザインになると考えられる
車両本体価格は275万~350万円程度と予想され、トヨタC-HRやホンダヴェゼルのハイブリッド車と対抗させる。そして1.5LのNAを追加して200万円台前半の価格とすることで、ライズをも標的とすると考えられる(写真は北米仕様)
日産キックスのフロントマスク(北米仕様)
キックスは全長4290×全幅1760×全高1610mm、ホイールベース2620mm。頭上空間が広く、ジュークと比べると後席の居住性に優れる
登場時はe-POWER一本だが、1.5L、NAガソリンや1.6Lターボ車についても順次追加設定するものと思われる
2トーンカラーやルーフレールがデザイン上の特徴の一つ
キックス(北米仕様)の内装。ノートと同じe-POWERを採用するため、シフトレバーは電子式のシフトレバーに変更されると思われる
液晶メーターや最新のディスプレイオーディオが装備される
新型キックスのラゲッジ容量は423L。ちなみにC-HRは318L、ヴェゼルは404L

元記事に戻る 待ってました! 日本市場軽視から脱却!? ニッポンの日産が帰ってくる! 

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ