【画像ギャラリー】2019年に消滅したマークX&エスティマのヒストリー


マークII

記事に戻る| 【王者トヨタでも挫折!!】名車なのに消滅したトヨタ車 5選

初代(1968~1972年)/コロナマークIIとしてデビュー(4ドアセダン)
初代マークIIの2ドアハードトップ
2代目(1972~1976年)/打倒スカGのためボディが大型化
2代目の2ドアハードトップはスポーティで人気
3代目(1976~1980年)/アメ車っぽいデザインで登場
3代目が2ドアハードトップの最終モデル
4代目(1980~1984年)/4ドアハードトップを新設(写真はマイチェン前)
4代目のセダンはハードトップに比べて地味だった
1982年のマイチェンで2L、直6DOHCのツインカム24を搭載し大ヒット
5代目(1984~1987年)/このモデルで正式にマークIIという車名になった
6代目(1988~1992年)/マークII史上最も売れたモデル
7代目(1992~1996年)/このモデルで初めて全車3ナンバーサイズになった
8代目(1996~2000年)/兄弟車のチェイサーが若者に人気
9代目(2000~2004年)/マークIIとしての最後のモデル

マークX

初代(2004~2009年)/車名を変更してリフレッシュ
2代目(2009年~)/最初期モデル
2012年のマイチェンでフロントマスク変更
2016年のマイチェンで2度目のフロントマスク変更
2019年4月/ファイナルエディション発表

次ページは : エスティマ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!   そんななか、9月10日に発売されるベストカー本誌10月10日号の大注目企画は“謎に包まれた次期クラウン”の決定的情報を入手!   ベス…

カタログ