柴咲コウが応援!アウディ電動クーペSUVの「e-tron Sportback」を発売

 アウディのBEV(バッテリー電気自動車)が、ついに日本上陸。その第一弾が、ミッドサイズクーペSUV「e-tron Sportback」だ。

 300kWの高出力と前後それぞれにモーターを備えた4WDシステムなど、アウディらしいEVに仕立てられている。

 本格的なPRのために、サポーターに柴咲コウを迎えるなど、アウディの日本での電動化戦略も加速を見せる。

 新型EVの性能を中心に、アウディの電動車へのサポート体制を含めて、最新情報をお届けしよう。

文:大音安弘、写真:アウディジャパン

【画像ギャラリー】アウディの電動クーペSUV”e-tron Sportback”が日本上陸


柴咲コウをサポーターに!積極的にEVをアピール

 アウディジャパンは、2020年9月17日、電動ミッドサイズクーペSUV「アウディe-tron Sportback(イートロン スポーツバック)を発表、同日より販売を開始した。

 ラインアップは、導入記念車「1st edition(ファーストエディション)」のみ。価格は、1327万~1346万円となる。

 アウディジャパンは、e-tronサポーターに歌手で女優の柴咲コウを任命。彼女主演のコラボレーションフィルム「サステナブルな未来」を制作。

 フィルムのためのかきおろしの新曲「ひとかけら」が挿入歌として使われ、コラボレーションフィルだけの独占配信を行うなど、積極的なアウディEVのPRも開始している。

アウディが日本に初導入したEV「e-tron Sport back」。アウディ電動戦略のPRの一環として、e-tronサポーターに柴咲コウ(左)を任命した

アウディらしいEV、それがe-tron

 ミッドサイズクーペSUVのスポーティなフォルムは最新アウディに共通するデザインとなっており、フロントマスクには、アウディSUV「Q」ファミリーの一員であることを示す8角形のシングルフレームグリルを備える。

 ただし、プラチナグレーのフレームやグリル株の「e-tron」ロゴなどで差別化も図られている。

 エクステリアのユニークな新アイテムは、「バーチャルエクステリアミラー」の採用だ。側面の小型カメラの映像で、後方を確認するデジタルミラーで、Aピラーそばのドアパネルに専用ディスプレイを内蔵する。

 昼夜天候を問わず、クリアな視界を提供するほか、ドアミラー仕様に比べ、空力特性にも優れており、風切り音も低減されるという。なお同車では、通常のドアミラーも引き続き、設定されている。

 キャビンは、アウディ先進技術によるデジタル感あふれる空間で、コンベンショナルなモデルと変わらない広さを誇る。ラゲッジルームも、標準で616Lの容量を確保。可倒式後席も備えるなど実用的だ。

バーチャルコクピットやMMIタッチレスポンスなどアウディのデジタル技術満載のコクピット

 電動パワートレインは、前後の車軸にそれぞれ1基のモーターを配置した2モーター4WD仕様で、システム最高出力300kW 、システム最大トルク664Nmを発揮。車両重量が2560㎏にも関わらず、0-100㎞/h加速5.7秒の俊足を誇る。

 その走りを支えるサスペンションには、アダプティブエアサスペンションが奢られる。

 駆動バッテリーは、キャビン下のフロアに、95kWの大容量リチウムイオン電池を格納。航続距離は、405km(WLTCモード)を確保。

 充電は、200Vの普通充電と急速充電に対応。標準装備の3kWタイプで1時間で約17km分、オプションの8kWタイプだと1時間で約37km分の電力を充電。

 またCHAdeMO式の急速充電器(50kW出力)なら、30分で約117km分、0%から80%までの充電なら、1時間半と公表されている。

フロントフェンダーに設けられる充電口。目立たぬスマートなデザインだ

導入記念車「1st edition」から販売開始

 グレードは、導入記念車「1st edition(ファーストエディション)」のみ。仕様違いとして、バーチャルエクステリアミラー装着車が用意される。

 特別装備として、アコースティックサイドガラス、プライバシーガラス、Bang & Olufsen 3D サウンドシステム、パワークロー ジングドアをパッケージ化したサイレンスパッケージを始め、5Vスポークスターデザインの 21 インチアルミホイール、カラードブレーキキャリパーオレンジを装備。

 標準装備も充実しており、LEDヘッドライト、アルカンターラ/レザーのスポーツシート、ナビゲーション、先進の安全運転支援機能などと豪華な内容だ。

快適及び安全の両面で必要な装備をほぼ標準化している1st editon

専売店のみでの取り扱いに

 e-tronの取り扱いは、現時点で全国52店舗の「e-tron正規ディーラー」となる。取り扱いディーラーでは、急速充電器も配備し、EVのサポート体制を整える。

 またe-tron導入に合わせて、アウディジャパン独自の「e-tron Charging Service」を開始。このサービスでは、全国各地の急速充電器と普通充電器を合わせて、21,700か所の充電ステーションが利用可能となる。

 新しいユニークな取り組みとして、自然電力株式会社と提携し、自然エネルギー実質100%による電力を提供するプランも用意。さらにAudi e-tron専用LINEアカウントを開設し、オーナーサポートも行う。

 いよいよ日本でも本格化するアウディの電動化戦略だが、EV第2弾としては、ミッドサイズSUVの「e-tron SUV」を予定。

 2025年までに、全世界の主要な市場に置いて、20モデル以上のBEVを発売。プラグインハイブリッド車を含め、電動化モデルの販売を全体の約40%にすることを目標としている。

今後、一気に車種が増えることが予想されるEV。その成功には、それに見合うインフラ整備が急務だ

【画像ギャラリー】アウディの電動クーペSUV”e-tron Sportback”が日本上陸