新型スープラ登場カウントダウン!! 最終デザイン判明!!


 いよいよ今冬〜来春にも高らかに復活することになる新型スープラ。本稿では最終確定情報として、その量産型市販車のデザインおよび各種スペックをお届けします。

 また、これまで入ってきた情報を整理し、最新情報と組み合わせてご紹介します。これを読めば新型スープラのことが、かなりはっきりと見えてくるのではないでしょうか。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年3月10日号「SUPER SPY SCOOPスープラ最新情報」より


■先代の面影を残しつつ、革新性もあるデザイン

 さっそく今回判明した最終デザインを見ていこう。

 新型スープラの全体的なフォルムは2014年に公開されたコンセプトカーの「FT-1」をベースとしているが、フロントヘッドライトの造形から受ける印象、リアビューでは、トランクリッド上部が跳ね上がったダックテール形状になっているところなどは(2002年に生産終了となった)A80型スープラを彷彿とさせる。

特徴的だったフロントノーズの処理は市販車らしくなりながら、コンセプトカーである「FT-1」のイメージを巧みに継承している
特徴的だったフロントノーズの処理は市販車らしくなりながら、コンセプトカーである「FT-1」のイメージを巧みに継承している

 歴代初の2シーターモデルとなる新型のフロントバンパー中央部ノーズデザインは、当初F1マシンのような形状だったが、市販モデルではその要素を受け継ぎながら巧みに昇華させたデザインに変更されている。

 中央にかけて左右にラウンドしたバブルルーフの形状も独特だ。

 オープンカーである新型BMW Z4とプラットフォームを共有するとはいえ、クローズドボディのクーペとなる新型スープラはオリジナルデザインが与えられ、トヨタのフラッグシップスポーツにふさわしい存在感を放っている。

 ボディサイズは全長4380×全幅1855×全高1290mmでホイールベース2470mmと、A80スープラから全長で140mm短くなり、逆に全幅は45mmワイドになり、全高が15mm上げられている。

 さらにホイールベースも70mm短縮されているが、これはA80までは5人乗りだったのが新型では2シーターとなったことが影響しているとみられる。スペックの詳細については下記にてチェックしていこう。

BMW製のB58T型直6、3ℓツインターボは同じエンジンのBMW340iの326psを上回る340ps
BMW製のB58T型直6、3ℓツインターボは同じエンジンのBMW340iの326psを上回る340ps

■先代よりもややコンパクトなディメンション

 前項まででお伝えしたエクステリアデザインの詳細とともに、今回は新情報として新型スープラの確定スペックも判明したので、さっそくお伝えしたい。

 これまでも情報が入るたびにスペック情報もお伝えしてきたが、今回はボディサイズからエンジンスペックまで新たに確定情報を入手した。

 前述のように、そのボディサイズは全長4380×全幅1855×全高1290mm、ホイールベース2470mm。新型スープラは「トヨタブランドのフラッグシップスポーツ」というイメージがあるわりに、そのボディサイズは意外に小さい。

 かなりのワイドフォルムではあるが、一世代前のスポーツモデルよりも長さはかなり短く、このデザインから想像するよりもコンパクトなサイズだといえる。

2014年1月に開催されたデトロイトショーに出品された「FT-1」。4年前は、さすがにここまでデザインを踏襲した「スープラ」となって登場するとは思わなかった
2014年1月に開催されたデトロイトショーに出品された「FT-1」。4年前は、さすがにここまでデザインを踏襲した「スープラ」となって登場するとは思わなかった

 車両重量は1388~1496kg。おおよそ同サイズのポルシェ718ボクスターよりも約20kg重い程度に抑えられている。

 エンジンラインアップは3種類。いずれもBMW製で、3Lの直6ターボとチューニングの違う2タイプの2L、直4ターボエンジンを設定する。

 トップグレードが搭載する3Lターボは340ps/45.9kgmを発生。最高出力は現在のBMW3シリーズでは326psだが、スープラではパワーアップされ搭載される。

 2タイプある2Lターボはそれぞれ、197ps/32.6kgm、258ps/40.8kgmを発生。最高速度は197ps仕様が235km/h、258ps仕様が250km/h以上(リミッターなので3Lも同じ)をマークし、0〜100km/h加速加速は2Lターボの197ps仕様が6.6秒、258ps仕様が5.4秒、3Lターボが4.8秒だという。

 先代A80型スープラのようなパワフルさを求めるなら3Lターボだが、2Lターボでも充分に走りの楽しさを味わえそうだ。

 トランスミッションは全車8速AT。3ペダルMTの用意はなく、新型スープラはより大人の本格FRスポーツとして生まれ変わる。

次ページは : ■3月のジュネーブショーにはレーシングバージョンが出品

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ