【安全装備のはずが役に立たない事態にも!!】あなたのドライビングポジション、危険です!


■危険その5/右腕を車外に出して運転する人

 これは論外。たとえば50㎞/hで走ると秒速は14m程度になるが、車外に出した右腕が対向車と触れたら痛いだけでは済まされず、最悪、腕がポロッともげる(本当です……)。

 また、この状況は片手運転となることから緊急回避などとっさのステアリング操作が難しい。さらに、昨今では“あおり運転”をしていると、思い違いをされる可能性もあるのでやめましょう。

腕を出すクセのある人や、タバコを吸うために車外に腕を出している人を見かけるが、大変危険だ

■ドライビングポジション以外にも知ってもらいたいクルマのこと

 ざっと、ここまで危険なドラポジについて検証してみた。いずれも、正しいドラポジでなければ思わぬ事態を生み出してしまうことがご理解いただけたことと思う。正しいドラポジは安全な運転環境への近道だ。

 万が一の際、瞬時に深くブレーキペダルが踏み込めたり、目視による周囲の安全確認が行いやすくなったり、同時にステアリング操作による回避動作などが期待できる。逆説的に言えば、正しい運転操作は正しいドラポジに宿るわけだ。

 では見方を変えて、ドライバーを迎え入れる車内環境はどうか? 自動車メーカーでは体型によらず、正しいドラポジがとれるようにシート座面や背もたれ、そして高さなど調整機構に幅を持たせた設計を行っている。

 また、アクセル&ブレーキペダルは踏みやすく、乗降性を邪魔しないよう配置され、ステアリングには上下方向の調整にチルト機構、前後方向の調整にテレスコピック機能をそれぞれ設ける。

 たとえば、2019年8月から発売を開始したホンダ「新型N-WGN」では、コスト管理に厳しい軽自動車ながらステアリングには前述の両調整機構を備え、重要保安部品であるブレーキのペダルには、かかとを軸にしっかりと踏み込めるリンク式を採用し、そのペダルにはわざわざ専用品をおこしている。

新型N-WGN。軽自動車ながら、チルト機構とテレスコピック機能などを備え、ドライビングポジションを合わせやすくなっている

 自車周囲の安全確認に欠かせない、ドアミラーやルームミラーも正しいドラポジを助ける。たとえばフレームをなくしたフレームレスルームミラーは、フレーム分だけ鏡の面積が大きくなり見やすい。

 昨今では、従来の鏡を光学式カメラに置き換え、その表示部を液晶画面とすることで後席に同乗者がいる場合や夜間、さらには逆光時など従来の鏡では物理的に遮られていた視界を補助する電子ミラーも実装され始めた。

 これらの設計思想や技術は安全な運転環境を支援するもので、事故のない交通社会を目指すために研究開発されもの。当然ながら使い方はその開発者によって示されている。

 その開発者との意思疎通ツールこそ取扱説明書にほかならないことから、クルマを乗り換えたら、ぜひ取扱説明書に目を通していただきたいです。

【画像ギャラリー】これから登場する車も含めて紹介! テレスコピック機構を搭載する注目の軽&コンパクトカー

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ