グランエースはアルファードと何が違う!?2019年12月16日販売開始!!


アルファードと比べて高いのか?

 価格は前述のように3列シートで6人乗りのプレミアムが650万円、4列シートで8人乗りのGが620万円になる。両グレードの違いはシートと一部の装飾で、基本的な装備は共通だ。

 プレミアムは乗車定員が6名だから、Gに比べてシートは2名分少ないが、各部を電動調節できるエグゼクティブパワーシートを4名分装着した(Gは2名分)。そのために価格が高まったが、30万円の上乗せは開きが少々大きい。プレミアムは粗利を多めに含んでいるだろう。

アルファード/ヴェルファイアのトップググレードの3.5Lエグゼクティブラウンジは2列目にエグゼクティブパワーシートを装着する超豪華版で、グランエースよりも高価

 ちなみにアルファード&ヴェルファイアにエグゼクティブパワーシート(2列目のみ)を装着して、レクサスGSなどと同じV型6気筒3.5Lエンジンを搭載した上級グレードGF&VLは532万4000円だ。これに比べてグランエースは90~120万円高い。

 アルファード&ヴェルファイアの最上級に位置するエグゼクティブラウンジは、さらに豪華なエグゼクティブパワーシートを備え、TコネクトSDナビ+JBLプレミアムサウンドシステム(オプション価格は70万4000円)、12.1型リヤシートエンターテインメントシステム(18万7000円)なども標準装着して、3.5Lエンジン搭載車が715万8800円になる。

 つまりアルファード&ヴェルファイア・エグゼクティブラウンジから上級のオーディオ&ナビのオプション価格を差し引くと、グランエースとほぼ同じ価格になる。

Lクラスミニバンで圧倒的な人気を誇るアルファード。豪華&広い快適空間とともに押し出しの強いフロントマスクが好評。トヨタではグランエースの月販目標台数は公表していないが、アルファードの販売に影響は与えないと思われる

6人すべてが快適に過ごせる空間

 グランエースの一番の魅力は、プレミアムを選ぶと、6名がきわめて快適に移動できることだ。

 アルファードGF&ヴェルファイアVLの場合、2列目はエグゼクティブパワーシートを装着する特等席だが、3列目の快適性は大幅に下がる。

 3列目は折り畳んで荷室に変更する機能を重視したから、背もたれや座面の柔軟性が乏しく、床と座面の間隔も不足して足を前側に投げ出す座り方になりやすい。快適に座れるのは1/2列目の4名だけだ。

グランエースはベースとなっているのが商用車のハイエースだからボディのスクエア感が強く、リアから見た時の存在感はアルファード/ヴェルファイアを凌駕

 それがグランエースプレミアムなら、2/3列目の両方にエグゼクティブパワーシートを装着するから、4名がきわめて快適に移動できる。1列目も座り心地はいいから、乗車した6名全員が満足できる。このようなミニバンは、日本車には今まで用意されていなかった。

 グランエースの注意点は、床の高さだ。エンジンを縦向きに搭載する後輪駆動車で平らな床面構造を採用したから、床の位置が大きく持ち上がった。

 グランエースとアルファード&ヴェルファイアで、全高/室内高/最低地上高を基準に大雑把に比べると、グランエースの床はアルファード&ヴェルファイアに比べて150mm程度は高いので乗降性は下がる。

パワースライドドアを採用し利便性は高いが、フロア高がアルファードに比べて150mm程度高いため乗降性は劣る。室内高はアルファードより110mm低い

 また床が高いので、全高は1990mmに達するが、室内高の数値は1290mmにとどまる。アルファード&ヴェルファイアの1400mmを110mm下まわる。プレミアムにはシートの格納機能もないから、Lサイズミニバンなのに大きな荷物は積みにくい。

 もっともグランエースの2/3列目に座ると、この天井の高さがセダン的な落ち着きを生み出していることに気付く。アルファード&ヴェルファイアのような開放感はないが、適度に囲まれた雰囲気が心地よい。

次ページは : ライバルはメルセデスベンツVクラス!?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ