新型ヤリスは初代ヴィッツを超えるか!? 祖先はコンパクトカー界を変えた革命児だった!!


初代モデルが偉大だからこその苦悩

 ヴィッツ&ヤリスに限らず、初代を超えられないクルマは多い。

 コンパクトカーなら前述のフィット、軽自動車ではワゴンR、ミニバンならオデッセイやステップワゴン、スポーツカーのロードスターなどは、いずれも初代のコンセプトとクルマ造りが新鮮で説得力も強く、その後に紆余曲折を経て今に至る。

1994年にデビューして一気に乗用タイプミニバンブームを巻き起こした初代ホンダオデッセイ。オデッセイはその後も存続しているが、偉大な初代を超えられていない

 その代表はフォルクスワーゲンゴルフで、初代を超えるほどインパクトのあるゴルフは登場していない。

 そして初代が偉大だったモデルは、その記憶が長く残るから、原点回帰を目指すこともある。現行型のフィットやロードスターでは、開発者から「原点回帰」の言葉が聞かれた。

 ヤリスも新型になって原点回帰したから、初代ヴィッツを超える新たな展開を見せるのは、次期型以降になるだろう。

 あるいはヤリスと共通のプラットフォームを使う新型車の可能性も高い。数年後には、かつてのファンカーゴのような派生的なニューモデルが、新型ヤリスをベースに投入される。そこに初代ヴィッツで受けたようなインパクトと感動があるのかも知れない。

ヤリスのバリエーション展開はまだ不透明ながら、ヤリスベースのコンパクトSUVが発売されるという情報もある。続報を待て!!

【画像ギャラリー】ヤリスはヴィッツと決別!! いいことばかりじゃなかった3世代のヴィッツ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ