メルセデスAMG CLA 35 4MATICを新設定!! ストリート重視のスポーツモデル!


スポーティな走りを支えるインテリア

 インテリアでは、元々、CLAのインテリアがスポーティなデザインであることもあり、違いは限定的だ。

 大きな特徴として、CLAの標準車では、オプションとなるヘッドレスト一体型スポーツシートが標準となり、メーターパネルもAMG専用の表示モードの選択が可能となる。

インテリアも控えめな仕上げとなるが、シートはしっかりとスポーツタイプとなる

ドライバーを高揚させるAMG専用メカニズム

 パワーユニットには、最高出力306ps/5800~6100rpm、最大トルク400Nm/3000~4000rpmを発生する2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載。

 トランスミッションには、7速の「AMGスピードシフトDCT」を組み合わせる。

 さらにエグゾーストシステムは、自動制御のフラップを内蔵。ドライブモードのセレクト状況により、迫力のエグゾーストサウンドを奏で、ドライバーの心を刺激する。

 スポーティな走りをサポートする4WDシステムは、パフォーマンス指向のトルク可変配分式「AMG 4MATIC」を搭載し、前後のトルク配分を100:0~50:50の範囲で連続可変制御を行う。

 ブレーキシステムも当然強化されており、前後共にドリルドベンチレーテッドディスクを採用。フロントが対向4ピストン式キャリパーと350mmディスク、リヤが片押し式キャリパーと330mmディスクの組み合わせ。

 タイヤサイズは、前後共に、235/40R18を装着する。

 このほかAMGチューニングが加えられたドライブモード「AMG DYNAMIC SELECT」に加え、サーキット走行時に車両データを記録できる「AMGトラックペース」も装備。

 ボディのねじれ剛性を高めるために、アルミニウム製ブレードやブレースの追加装着するなど、補強も加えられている。

AMGらしいパフォーマンスを発揮する2.0L直列4気筒DOHCターボを搭載。トランスミッションは、7速DCTを組み合わせる。

【画像ギャラリー】クーペとワゴンどちらを選ぶ!?メルセデスAMG CLA 35 4MATIC