【トヨタ販売統合 新古車 サブスク販売…】 クルマ界 要注目の新施策&サービス 長所と短所 6選


■ETC2.0の長所と短所

(TEXT/高山正寛)

 2016年から導入されているETCの進化版、ETC2.0。

 長所は、

1.広範囲の道路交通情報を取得でき、それを走行ルートに活用できる。
2.災害時における情報取得が可能。
3.使い方によっては高速道路の料金が安くなる。

 要は今後のモビリティの実証実験などにも活用されメリットも増えることだ。

 一方、短所はズバリ「価格が高い!」 こと。

見慣れたこんな風景も将来的にはなくなる!?

■高速道路の最高速度120km引き上げによる長所と短所

(TEXT/高山正寛)

 最高速度120km引き上げの長所としては実勢速度と法律で定めた速度との差を縮めることでそもそもの高速道路が持つ能力を高めることができる点だ。

 また大型トラックなどの最高速度は従来と同じ時速80kmに据え置かれることで、追い越し車線に居座ることも減少されるだろう。

 一方、短所はまだまだドライバーの運転に対する意識の低さによる弊害だ。具体的には速度が上がった車線にフラフラと入ってくるドライバーは意外と多い。

 また「クルマの流れ」に沿った運転をしなければならないというプレッシャーなどによる事故のリスクも考えるべき問題だ。

3月1日から最高速120km/hとなった新東名(写真は島田金谷IC付近)。同区間を始め「設計速度120km/h」となっている高速道路は数多く存在する

次ページは : ■トヨタ全販売店での全車取り扱いによる長所と短所

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ