インプレッサ、レガシィ…一刀両断 スバル車 全モデルの○と×

 

WRX STI/S4

 

 

■WRX STI/S4の○

2Lターボは実用域の駆動力が高く、高回転域の吹け上がりも活発だ。カーブでは適度に機敏に曲がり、下りカーブでアクセルペダルを戻すような操作を強いられても、後輪の接地性を損ないにくい。

S4の2.0GTアイサイトは、変更前に比べて後輪の接地性が少し緩いが(開発者によると乗り心地を向上したため)、安定性は充分だ。乗り心地も過度な硬さを抑え、後席の居住性も満足できる。

■WRX STI/S4の×

ただし、アイドリングストップは付けてほしい。またS4は安全装備が充実するが、STIはアイサイトバージョン3を付けられない。そろそろMT車にも対応すべきだ。

レガシィ アウトバック/B4

■レガシィ アウトバック/B4の○

アウトバックは国産SUVでは最も快適だ。17インチタイヤ装着車は乗り心地が優れ、前後席ともに頭上と足元の空間が広い。

シートの座り心地も上質に仕上げた。2.5Lエンジンの動力性能は平凡だが、実用回転域の駆動力が高く扱いやすい。最低地上高も200mmを確保した。これに比べてB4は特徴が乏しいが、長距離も快適だ。

■レガシィ アウトバック/B4の×

ただし、18インチタイヤを装着したアウトバックは、乗り心地が硬めに感じる。全長は4815mm、全幅はB4を含めて1840mmだから大柄だ。

走行安定性は優れているが、車両全体の動きは穏やかで従来型の機敏な印象は薄れた。

エクシーガ クロスオーバー7

■エクシーガ クロスオーバー7の○

ミニバンのエクシーガをベースにSUVへ発展させた。ワゴン風のボディはスバルのブランドイメージにも合致して、ミニバンの実用性とSUVの楽しさを兼ね備える。

アイサイトもバージョン2ながら備わる。機能や装備のわりに価格が安く、以前のエクシーガと比べても、実質的に9万円ほど割安だ。

■エクシーガ クロスオーバー7の×

ただしエクシーガの発売から約9年を経過したため、操舵に対する反応はXVなどに比べて緩く、後輪の接地性も下がる。

動力性能は実用面で不満はないが3500回転以下は物足りない。1、2列目シートは快適だが、3列目は窮屈で補助席に近い。

SUBARU BRZ

■SUBARU BRZの○

後輪駆動のミドルサイズクーペとあって、狭く曲がりくねった峠道でも楽しく走れる。カーブでは車両の向きが確実に変わり、危険回避時には後輪が踏ん張る。運転を楽しめて安心感も高い。2Lエンジンは高回転域の吹き上がりが機敏で、改良により実用回転域の駆動力も高めた。

■SUBARU BRZの×

ただし雰囲気が暗い。ロードスターのようなオープンモデルはなく、ストイックに峠道やサーキットを攻める印象だ。

そこが特徴でもあるが、価値観が一面的でユーザーに向けた間口が狭い。アイサイト、リヤビークルディテクション、アイドリングストップはいっさい装着されない。

次ページ:次のアイサイトはどうなる!?

 

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ