初代に最敬礼!!! AE86&ユーノスロードスター“初代”テイストの特別仕様車登場

 トヨタ86とマツダロードスターに初代モデルをイメージさせる限定車がこの3月、ほぼ同じようなタイミングで発表された。

 その名も「86 GT“BLACK LIMITED”」と「MX-5ユーノスエディション」。各モデルを詳しくお伝えしてゆこう。

【画像ギャラリー】うーんかっこいい! 86 GT“BLACK LIMITED”、MX-5ユーノスエディションをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:TOYOTA、MAZDA
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号


■イメージは86トレノの最終特別仕様車

●トヨタ 86 GT“BLACK LIMITED”

 トヨタ86は、「ハチロク」のネーミングの元祖という意味で初代といえる 「AE86型スプリンタートレノ」に最後の特別仕様車として設定されたGT APEX“ブラックリミテッド”(1986年発売)を想起させる特別限定車のGT“ブラックリミテッド”が登場。

トヨタ86GT“ブラックリミテッド”。日本で限定86台

 この限定車は、86トレノ“ブラックリミテッド”のカラーリングのような、クリスタルブラックシリカのボディにブロンズカラーのアクセントカラーを使ったのが特徴。

 さらに装備内容としては、ブロンズ塗装を施した17インチ専用アルミホイールやブレンボ製17インチベンチレーテッドディスクブレーキ、ザックス製ショックアブソーバーを採用。

 ブラックのリアスポイラーやフロアアンダーカバーも装備し、より一層レーシーな雰囲気を磨き上げている。

ブロンズカラーの17インチホイールなどを装備

 内装もカラーをブラックに統一して、インパネの助手席側には専用ロゴの刺繍をあしらうとともに、本革×アルカンターラのシート表皮と前席シートヒーターを特別装備。

 さらにインパネオーナメントやメーターバイザーなどにスエード調素材を採用するなど、特別で上質な雰囲気が味わえる仕様となっている。

外観同様、に内装もブラックで統一。助手席側のインパネには“BLACK LIMITED”のブロンズカラー刺繍が施されている

 販売台数は限定86台(MT車とAT車が各43台)。

 4月16日までWeb上で商談申し込みを受け付け、抽選のうえ5月21日に発売、ということなので、結果を心待ちにしている方も多いことだろう。

 価格は6速MT車が351万8600円、6速AT車が358万6000円。

4代目スプリンタートレノ、AE86型に最後の特別仕様車として1986年1月に400台が発売されたGT APEX “ブラックリミテッド”

初代「Sリミテッド」をモチーフ

●マツダ MX-5ユーノスエディション

 一方のマツダロードスターは、マツダモーターヨーロッパが4月にフランスでマツダMX-5ユーノスエディションを限定110台で発売する。

マツダMX-5ユーノスエディション。フランスで限定110台

 このユーノスエディションは、初代のユーノスロードスターに1992年設定されたブラックのボディカラーや赤いインテリアカラーを採用した限定モデル「Sリミテッド」の再来といえる限定車。

ジェットブラックのボディカラーに、レイズ製16インチアルミホイールを装備

 ボディカラーはブラック、インテリアはブルゴーニュと呼ばれるレッドのナッパレザー仕上げで、足元にはレイズ製16インチアルミホイールを装備。

 フロントフェンダーにはシリアルナンバー入りのエンブレムが装着される。

内装はレッドのナッパレザーを使ったシート、インパネ&ドアトリムを採用

 エンジンは、132psの1.5L直4が搭載され、ボディタイプはソフトトップのみ。現地での価格は約405万円と発表されている。

1992年、初代ユーノスロードスターに設定された限定車「Sリミテッド」。ブラックのボディと赤い内装が特徴。1000台限定で発売

【画像ギャラリー】うーんかっこいい! 86 GT“BLACK LIMITED”、MX-5ユーノスエディションをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ