日産が7月にアリアを発表! 6月北米投入で新型エクストレイル年内発売も視野に


日本で6月発売のキックスは全車e-POWER搭載

6月の日本導入が決まった新型キックス

 また、会見で内田社長は「6月には新型キックスが国内でデビューします。キックスに全車e-POWERを搭載し、ノートやセレナで人気のe-POWERラインナップを強化して、さらなる攻勢をかけていきます」ともコメント。

 かねてから登場が確実視されていた小型SUVのキックスは、国内での6月投入が初めて正式にアナウンスされたほか、全車e-POWERを搭載することも明らかになった。

 この他のラインナップに関しても、電動化の推進として、日本国内に軽EVを投入することもわかり、2023年度までに投入される「電気自動車2車種」はアリアと軽EVであることが確実となった。

 一方、「e-POWER搭載車両4車種」についてはキックス以外未確定ながら、新型エクストレイルを皮切りに、新型ノートなどにも搭載されていくことになるだろう。

 会見の最後に“ちょっとしたサプライズ”としてAからZまで日産の車名のイニシャルとその新型モデルを示唆する動画が流された。

 そこには、明らかに現在の姿とは異なるフェアレディZの姿も収められていた。

 日産の“風向き”は、少し変わってきたようだ。

 ホームマーケットである日本のユーザーに応える新星日産。その答えは商品である“クルマ”が出してくれるはずだ。

新しいフェアレディZの存在も示唆(プレゼン動画よりスクリーンショット)

写真:NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】日産 世界販売ベスト10&日本未発売車

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ