新型ヤリスが売れている理由「居住性よりも走り!!」 危険な賭けに勝った!??


ヤリスはヤリスシリーズの出発点に過ぎない

 以上のように、後席や荷室を使う機会の多いファミリーユーザーは、ヤリスを買う時に注意したい。買い物などに使う場合も、後方視界と取り回し性を試しておく。後方視界は後退時の安全性にも大きな影響を与える重要な性能だ。

 いっぽう、後席や荷室をあまり使わず、1~2名で乗車するならヤリスが魅力的だ。走りが上質だから、クルマ好きのユーザーも納得できる。

 走行安定性が大幅に向上したから、進化した衝突被害軽減ブレーキと相まって安全性も高い。運転支援機能も疲労を抑えて事故防止に役立つ。

走りとデザインに特化したプレミアムコンパクトはファミリー向けよりもユーザーが限定されると思われたが、意外なほどにウケている

 なお2020年秋に発売されるヤリスクロスでは、ヤリスで感じた後席や荷室の狭さが少し改善される。

 その後には、背の高い空間効率の優れたコンパクトカーも追加される見通しだ。

 つまり今後同じエンジンやプラットフォームを使った車内の広い車種も登場してくるから、ヤリスは前席優先の設計に割り切ることができた。ヤリスは「ヤリスシリーズ」の出発点に過ぎない。

2020年秋デビューが濃厚なヤリスクロスは全長4180×全幅1765×全高1560mmで、ヤリスに比べると240mm長く、70mmワイドで、60mm背が高い

【画像ギャラリー】ボディサイズはほとんど同じなのにまったく違う印象のヤリスとヴィッツをじっくりと見比べる!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ