またアウディが世界初技術搭載 新型Q5は2021年春頃日本で販売開始!!


先進安全装備

 ドライバーをアシストする先進安全技術も満載されている。

 新型Q5にはアウディプレセンスシティが標準装備される。これは前方車両との衝突を回避したり、衝突後の2次被害を経験するシステムとなっている。

 オプション設定されるターンアシストは、長距離運転などでのドライバーの疲労軽減につながるレーンキープなどを備えるいっぽうで、予測的な運転スタイルまでサポートするので、安全面だけでなく燃費向上にも貢献してくれる。

新型Q5では先進安全装備、運転支援システムなどが充実してさらに安全性が向上している。乗っているドライバーの安心感は絶大

新型は2021年春頃日本導入開始予定

 エクステリアについては、標準のほかアドバンストライン、Sラインの3タイプを用意している。それに対しインテリアは標準、デザインセレクション、Sラインとエクステリア同様に3タイプあり、どのタイプも自由に組み合わせることができ、3×3=9パターンから選択することができるという。

 日本仕様がどのようになるのかはわからないが、現状を考えてもかなりの自由度があるのは間違いない。

 大幅にアップグレードされた新型Q5は、2021年春頃から日本でも販売される予定となっている。

 現在日本で販売されているQ5 40 TDIクワトロは649万円だから、新型では20万~30万円アップの670万円前後となると予想している。

写真は新型Q5で登場した新色のディストリクトグリーン。渋めの色味がオシャレ。エクステリアは標準のほか2タイプをオプション設定
アウディを購入する人の満足感を高めているのが独特のテイストを醸し出しているインテリア。インテリアも3パターンから選ぶことができる

【画像ギャラリー】日本導入は今秋から!! 新型アウディQ5はどう変わった? 新型と従来型を見比べてみよう!!