走りの良いハイブリッド!? スバルのe-BOXERの評判がいい理由


 スバルにはEE20というクリーンディーゼルエンジンが存在した。日本への導入も期待されたが、2020年になって消滅してしまった。

 そのクリーンディーゼルが消滅したのと密接に関係しているのが、スバルのオリジナルハイブリッドであるe-BOXERの存在だ。

 スバルは電動化という分野では後れを取っていたが、e-BOXERを機に電動に舵を切り、その代わりクリーンディーゼルの生産をやめたというわけだ。

 スバルオリジナルのハイブリッドであるe-BOXERはすこぶる評価が高い。どこがほかのメーカーのハイブリッドと違うのか? 魅力はどこにあるのかについて考察する。

文:松田秀士/写真:SUBARU

【画像ギャラリー】世界のマニアから愛され続ける大きな理由~ スバルが世に登場させた独自技術と初搭載車~


スバルのハイブリッドへの取り組みの歴史

 まずe-BOXERについて見ていく前に、今や当たり前となってきたハイブリッドに対し、スバルはどのような取り組みをしてきたのかを見ていく。

 スバルのオリジナルハイブリッドが初めてお目見えしたのは、東京モーターショー2003で、B9スクランブラーというコンセプトカーにハイブリッドシステムを搭載。

東京モーターショー2003で公開されたB9スクランブラーは、2ドアオープンで、当時スバルに在籍していたアンドレアス・ザパティナス氏がデザイン

 スバル初のハイブリッドシステムは、シーケンシャル・シリーズ・ハイブリッド・エレクトリック・ビークル(SSHEV)と命名されていた。名前のとおりシリーズハイブリッドで、モーターだけでは力が足りない場合にエンジンがアシストする、というユニークなものだった。

 次にお披露目されたのが、東京モーターショー2005で公開されたターボ・パラレル・ハイブリッド(TPH)と呼ばれるまったく新しいシステムで、B5-TPHというコンセプトカーに搭載されていた。

SSHEVから2年後の2005年に公開されたB5-TPH。ターボ・パラレル・ハイブリッドの市販に期待がかかっていたが、結局市販されず

 システムはターボエンジンとトランスミッションの間にモーターを挟み込んだパラレルハイブリッドで、エンジンがミラーサイクル化されていたのが特筆だ。

 ミラーサイクル化することによりトルクは下がるが、それをターボで補うというのが、いかにもスバルらしい発想だと当時も言われていた。

 上記2つのシステムは市販されなかったが、スバル初の市販ハイブリッドカーとして2013年に発売されたのがXVハイブリッドだ。

 シンプルなシステムながら、スバルのアイデンティティであるAWDと組み合わせるなど、オリジナリティを存分に発揮していた。

2013年にスバル初の市販ハイブリッドカーとしてXVハイブリッドがデビュー。当時はハイブリッドらしくないハイブリッドと言われていた

加速感がとにかく気持ちいい

 XVハイブリッドの登場から約5年経過して登場したのが、今回紹介するe-BOXERで、5代目フォレスターのADVANCEというグレードに初めて設定された。

 基本的にはXVハイブリッドに搭載されていたシステムの進化バージョンということになるが、制御の緻密さは格段に違う。

e-BOXERのシステム図。動力伝達はエンジン→トルコン→クラッチ→モーター→CVT→クラッチという順になっている

 まず、このe-BOXERは、燃費重視ではなく、当然燃費をよくする効果はあるが、それ以上に走りの楽しさを追求したハイブリッドである点がほかのメーカーのハイブリッドシステムとはひと味違うところで、最大の魅力だろう。

 バッテリーの状態やクルマの負荷にもよるが発進から40km/hくらいまではモーターでのいわゆるEV走行が可能となっているのが旧タイプと違う。この速度域は街中で多用するので、その時に積極的にエンジンを止め、EV走行できるのは大きなメリットだ。

 そしてe-BOXERは、加速感が気持ちいい。スポーツモードにすると、30~40km/hの速度域で、エンジンが積極的にアシストしてくれるから、電気ターボのようなフィーリングでグイグイ加速してくれる。このフィーリングはハイブリッドカーらしくない気持ちよさだ。

 これは後述するが、オンロードだけでなく、オフロードでもこの気持ちよさを味わうことができる。

e-BOXERを初搭載したフォレスターADVANCEは重量級ボディを軽々と加速させる気持ちよさが最大の魅力

次ページは : AWDとのマッチングもバッチリ