ハリアー キックス 売れ筋は? 次期型の情報も!! 国内メーカー最新事情

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 トヨタハリアー、日産キックス、ダイハツタフトなど新型車のデビューが相次ぎ、売れゆき状況や売れ筋グレード・ボディカラーなどもわかってきた。

 ほか、ノート・アクアを筆頭にフルモデルチェンジやマイナーチェンジが予定されている車種についてなど、現場に足を運び続ける遠藤氏だからこそ掴める最新情報をお伝えしていきたい。

【画像ギャラリー】見てたらほしくなってまうやろ…!!! 新型ハリアー・タフト・キックスの艶姿をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです。
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号


■トヨタ 新型ハリアーが人気絶好調でさらに納期が先送りに

 6月17日にフルモデルチェンジした新型ハリアーが絶好調の人気です。そのため納期は6月下旬時点で10月中旬から11月中旬と4~5カ月待ちになっています。

 11月中旬以降の納期になるのは、最上級グレードの売れ筋であるZレザーパッケージやムーンルーフ仕様、プレシャスブラックパールのボディカラーなどで、これ以外の仕様だと10月中旬の納期となっています。

 ハリアーは月販計画が3100台であるのに対して、5月中旬から発売日までの事前予約ではその8倍を超える2万5000台を受注しました。7月中旬までには累計3万台を突破するのはほぼ確実の見通しとなっています。

 なお、受注台数の約半分はこれまで専売だったトヨペット店の扱いです。

むかうところ敵なし?? トヨタ 新型ハリアー

最新記事│公開試乗で徹底解剖!!! 4代目の新型ハリアーはこんなにスタイリッシュ&スポーティ!!!

■ダイハツ 新型タフトは堅調な立ち上がり

 6月10日に発売した新型軽SUVのタフトの売れゆきは、堅調な立ち上がりを見せています。6月下旬の受注分は7月下旬の生産となり、納期は8~9月となっているのです。

 グレード別の受注構成比は、60%が最上級グレードのGターボ、30%がG、10%が標準タイプのXで、装備の充実した上級グレードほど受注構成比が高くなっています。

 ボディカラーは、ホワイト、シルバー、ブラックのほか、ブルー、カーキなどの引き合いが多くなっています。またキャストからの乗り換えユーザーが目立ちます。

7月10日の発表では、月販目標台数の4.5倍となる約1万8000台の受注を達成したという「タフト」。絶好調だ。

最新記事か、カッコいいし可愛いし楽しいし!!!! タフトは「ダイハツ車」の大型アップデートだ!!!

■日産 新型キックスの納期は9月末から10月にずれ込む

 日産は新型コンパクトSUVのキックスを6月24日発表、30日発売しましたが、今後の受注分は納期が9月末から10月に、ボディカラーによっては2021年度(4月以降)にずれ込む見通しです。

 タイ生産の輸入モデルで受注がある程度まとまった段階で船積みして輸送するので、時間がかかるためと販売店が説明しているのです。

 初期受注分の売れ筋グレードは大部分が標準の「X」で占められます。

 今後いかに販売台数を伸ばせるかは、供給体制次第で変わってきそうな見通しです。

6月24日に発表された新型コンパクトSUVのキックスは、タイ生産の輸入モデルのため、売れゆきによっては納期が予想以上に長くなる可能性がある

最新記事│新生日産の試金石…!?? デザイン 価格 e-POWER 新型キックスの実力はいかほどか

■トヨタ アクアの後継モデルはプリウスファミリー入りか?

 新型ヤリスはトヨタ全系列店で併売しています。すると、ヤリスのハイブリッドモデルとアクアは同じコンパクトハイブリッド車同士で競合してしまうため、アクアは不必要論が浮上しています。

 しかし、アクアの次期型はサイズアップして、ヤリスとのコンセプト分けを明確にして存続させるとの情報もあります。上級モデルにプリウスが存在しますが、そのプリウスも次期型は排気量を1.8Lから2Lに拡大し、上級モデル化するといわれています。

 そこで次期型のアクアはプリウスファミリーの仲間入りをして、同時期にモデルチェンジする可能性があります。

 アクアの後継は1.5Lハイブリッド、次期型プリウスは2Lハイブリッドで、どちらもグレードアップを狙おうという考え方です。

 これによってプリウスの販売ボリュームは大きく拡大されることになります。実際にどのような戦略で具現化されるのかは間もなく明らかにされるはずです。

新型ヤリスハイブリッドの登場で、同クラスハイブリッド車であるアクアは絶版となる噂も流れたが、次期型はクラスアップする可能性がある。写真は現行型

■日産ノートは次期型も5ドアハッチバック車のみで登場

 ノートは今秋~冬頃にもフルモデルチェンジする予定ですが、その次期モデルは従来と同様に5ドアハッチバック車の1ボディのみになる見込みです。

 日産の販売店筋によると「次期型ノートについて3列シートやスライドドア車が設定されるとの情報が流れているが、これは間違いで、従来どおり5ドアハッチバック車のみで世代交代するとメーカーから連絡があった」とコメントしているのです。

 ただ搭載するe-POWERユニットは現行モデルに比べてワンペダル走行や走行性能、燃費性能などで、大幅な改善が実施されているといいます。

さまざま情報が錯綜するのも人気・期待度の現れ??! なんにせよ登場が楽しみな日産ノート

■レクサスISのビッグマイナーチェンジは11月3日

 ティザーで公開されているレクサスのアッパーミディアムセダンであるISのビッグマイナーチェンジは11月3日に実施される予定で、8月1日には先行予約の受付が始まる見込みです。

 ISの改良モデルは基本コンポーネンツの変更はありませんが、ドア以外のボディパネルのすべてが変更され、全長も前後バンパーの設計変更で15cm程度延長します。さらに、全体的なクオリティもアップして上級シフトすることになります。

 今回のビッグマイナーチェンジによって、フルモデルチェンジする予定は当面ありません。次期モデルはFFレイアウトに変更し、同クラスのFRセダンはなくなると思われます。レクサスのFRセダンはLSだけになりそうです。

6月16日に初公開された新型レクサスIS。マイナーチェンジだが、ボディパネルを変更させた大幅なモデルチェンジで、正式発表は11月3日予定

最新記事「これもうフルモデルチェンジでは??」レクサスISマイナーチェンジの様子はこちらをチェック!

■スズキ ハスラーは受注ピッチの鎮静化で納期が短縮

 スズキが年初に発売した新型ハスラーは、受注ピッチが鎮静化してきたため、最近は納期が短縮しています。納期は5月時点では3カ月待ちでしたが、ここにきて半分の1カ月半になっているのです。

 ダイハツがライバルとなる新型タフトを発売し、ユーザーの関心がタフトのほうにシフトしつつあることも多少影響しているようです。

 ただタフトは全車がサンルーフ標準装備となり、それによって好き嫌いがはっきり分かれそうです。そのため、販売台数はハスラーのほうに当分の間は軍配が上がりそうな見込みになっています。

好調続くスズキ ジムニー

■スズキ ジムニー&ジムニーシエラも納期短縮の気配

 スズキのジムニー&ジムニーシエラは、最近になって納期がやや短縮傾向にあります。5月頃までは両モデルとも納期は1年以上もの長期間を維持してきましたが、6月下旬時点ではジムニーが11カ月、シエラが1年弱とわずかに短縮しているのです。

 その要因は、現行モデル発売後2年近くが経過して、受注ピッチにやや陰りが見え始めているためと思われます。ただし、海外からの需要はヨーロッパを中心に依然引き合いが多いことから、月産5000台規模は維持している状況にあります。

わずかながら売れ行きに鈍り?

■ホンダ シビックタイプRのマイナーチェンジ車は発売延期の見通し 今秋以降に

 ホンダは、7月にシビックタイプRをマイナーチェンジすると同時に特別仕様車の「リミテッドエディション」を設定して発売する予定でしたが、発売は今秋以降に延期する見通しです。

 マイナーチェンジの内容は内装の色調やフロントバンパーのデザイン、シフトノブの形状、ボディカラーラインナップの変更などです。

 特別仕様車のリミテッドエディションは特別色の「イエロー」が設定されます。

 シビックタイプRのマイナーチェンジ車は当初、5月発売を予定していて、それが7月に延期していたのですが、さらに秋発売へ先延ばしされることになります。

今夏の発売を予定していた改良型シビックタイプR。ファンにとっては残念な限り。楽しみに待つ期間が増えたと受け止めたい

【画像ギャラリー】見てたらほしくなってまうやろ…!!! 新型ハリアー・タフト・キックスの艶姿をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ