日産ルークスが突き抜けられない理由 期待に反して伸び悩み!?


 日産期待のスーパーハイトワゴン軽自動車のルークスが鳴り物入りでデビューしたのは2020年2月25日(発売開始は3月19日)。

 販売開始から半年が経過するが、最新のスーパーハイトワゴン軽自動車という割りには販売に突き抜けた感がないのはなぜなのか?

 販売開始とコロナ禍が重なってしまったという不運はあるが、それはライバルたちも状況は同じで、新しいだけ有利に思えるが、販売台数は伸び悩んでいる。

 2020年8月までの月販平均台数は列記すると以下のようになっている。

■ホンダN-BOX:1万6489台
■スズキスペーシア:1万1156台
■ダイハツタント:1万563台
■日産ルークス:6335台

 最新モデルのルークスがトップ3に食い込むどころか、大きく差をつけらているのだ。

 ルークス、それから共同開発車のeKスペース、eKクロススペースともクルマの評価は高く、ファンが待ち望んだクルマだったはずだ。

 なぜ突き抜けられていないのか? 新車効果が短くなっている昨今、ルークスに飛躍の目はあるのか? この点について渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:NISSAN、HONDA、SUZUKI、平野学

【画像ギャラリー】ライバルとどこが違う? 今大人気のスーパーハイトワゴンで最も新しい日産ルークスの詳細チェック!!


国内市場はスーパーハイトワゴン軽自動車が席巻中

2020年2月25日に発表されたルークス。旧型はデイズルークスという車名だったが、デイズがとれてルークスとして独立

 ルークスは全高が1700mmを超える背の高い軽自動車で、後席のドアはスライド式だ。

 今の国内市場では、スーパーハイトワゴンと呼ばれるこのタイプの軽自動車が、一番の売れ筋カテゴリーになる。新車として売られるクルマの40%近くが軽自動車で、軽乗用車に限ると、半数近くをスーパーハイトワゴンが占める。

 そのために国内の販売ランキングを見ても、上位には軽自動車のスーパーハイトワゴンが並ぶ。直近の2020年8月のデータでは、1位:ホンダN-BOX、2位:トヨタヤリス、3位:スズキスペーシア、4位:トヨタライズ、5位:ダイハツタントであった。

 1/3/5位は、すべて軽自動車のスーパーハイトワゴンが占める。2020年6月はトヨタの小型車が入らず、1~3位を軽自動車のスーパーハイトワゴンが独占した。

コロナ禍により絶対王者のN-BOXも販売台数を落としているが、圧倒的な強さを見せ、コンスタントに1万5000台レベルを販売する化け物

ルークスは早くも売れ行きが下降傾向!?

 そこで気になるのが日産ルークスの売れ行きだ。2020年3月19日に発売された新型車なのに、売れ行きが低迷している。

 コロナ禍の影響がどうにか収まった2020年6月における軽自動車の販売ランキング順位は、N-BOXとスペーシアに続く3位であった。

 7月は、N-BOX、スペーシア、タント、ムーヴ&同キャンバス、ハスラーにも抜かれて6位まで後退した。8月の順位も変わらず6位。

 ライバル車が現行型に刷新されたのは、N-BOXが2017年、スペーシアは2018年、タントは2019年だから、ルークスは新しい。それなのに早くも新型車としての豊富な需要が一巡して、売れ行きが下降傾向に入った印象を受ける。

リアデザインはスッキリしてスポーティ。背の高さを感じさせないデザインはユーザーにも好評だ
スーパーハイトワゴン軽自動車では、N-BOXの強さは相変わらずだが、スペーシアがタントを逆転して2位に浮上。ルークスは4位

次ページは : ルークスの商品力は強力なライバルと比べても高い