こんな時期だけどあえて物申す!! いまの日本車に「足りないモノ」とはなんだろうか?

 充分満足できる……。今の日本車、そう思える半面、なにか「足りないものがある」と感じることはないだろうか。

 コロナ禍で非常に厳しい局面ではあるが、いやだからこそ、ここではあえて「今の日本車たちに足りないもの」について、自動車評論家 国沢光宏氏が独自視点で斬る。

【画像ギャラリー】 “FUN”がなければファンはつかない? 充実の一途を辿るトヨタのSUVラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:国沢光宏/写真:TOYOTA、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■ズバリ、今の日本車に足りないのは「明るさ&楽しさ」

 わかりやすく書けば「明るさ&楽しさ」であります。ちなみにトヨタは除く。

 トヨタの新型車を見ていると、どのモデルにも「クルマを楽しんでね!」というエッセンスを感じます。

 だからこそヤリスクロスのようなクルマですらサーキットで何の制限もかけず試乗会やるし、GRヤリスはグラベル(非舗装路面)全開!

GRヤリスのグラベル試乗の様子

 私が知るかぎりグラベルを全開で試乗させたクルマってパジェロ(当時の三菱自動車は楽しかったですよ)と、GRヤリス以外存在しない。

 トヨタ以外のメーカーはサーキットやテストコースで試乗会を開いても、一部の例外(例えばGT-R)を除き、すべて「本当はやりたくないけど仕方なく」といったイメージ。

サーキットでのヤリスクロス試乗会の様子

「パイロンで速度制限」や「先行車に続いての走行」に代表される制限をかけたら安全が担保できるかといえば、自分の運転技量に見合った走り方をしないドライバーなら、どの速度域だってリスクを伴う。

 もちろんドライバーのスキルを選ばなければ、無謀ですけど。

■道具としてのクルマの「先」にあるもの

 一事が万事だと思う。ここにきて「ホンダがつまらん」という声がたくさん出ている。出てくる車種を見ると、明るさや楽しさを前面に押し出しているモデルなし!

 考えてほしい。クルマってイヤイヤ買う物じゃない。百歩譲って「純粋に移動の手段」を必要としているなら、中古車を含め、壊れず燃費よければ何でもいい。……となるとトヨタ車が最も安心だ。

 何の魅力も打ち出せないクルマなら、トヨタに勝てないということになる。

 トヨタに勝とうとすれば、個性や魅力や楽しさを強くアピールしなければならないのだけど、それも足りない。

 新型フィットの広告や試乗レポートを見て、楽しさを感じる人っているだろうか?

「4つの心地よさ」をテーマにフルモデルチェンジを遂げたホンダ フィット。その楽しさは伝わってきたか

■楽しい毎日を植え付ける

 マツダ3やCX-30も同じ。むしろデザインしか考えてないクルマに感じてしまう。年内デビューといわれているホンダeや新型レヴォーグは元気いっぱいの楽しさをアピールしてくるだろうか? やはりクルマは明るさが大切。

 といった点からすれば、軽自動車が本質を理解していると思う。タフトの宣伝など見るとワケワカランが楽しそう。

タフトのCM。CMは楽しくなきゃ!

 ハスラーの宣伝だって内容的に極めて薄いものの徹底的に明るい。このクルマ買ったら楽しい毎日があるかもしれませんね、と思わせる。

おなじくスズキ ハスラーのCM

 宣伝が暗いN-WGNは売れゆき伸び悩む。ルークスも機能のアピールを詰め込みすぎ!

 軽自動車はタフトやハスラーくらい“中身カラッポ”でいいんだと思う。「明るくない」で共通する部分はお客さんの幸せを考えていない。そういうことだと思う。

■燃費や安全ももちろん大事。だが しかし

 クルマは「明るくて楽しいモノ」。この先、そういうことを思い出したメーカーから販売台数を伸ばしていくと考えます。

 楽しさのなかにはモータースポーツもある。アウトドアの楽しさもある。もちろん、クルマ作りにも楽しさや明るさが必要です。

 燃費や安全を一番に打ち出しているケースもあるけど、クルマが持っているネガな面。一時的な評価こそ得られるだろうが、定番じゃありません。

 今足りない「明るさ&楽しさ」を注入する日本のメーカーは、どこでしょ?

【画像ギャラリー】 “FUN”がなければファンはつかない? 充実の一途を辿るトヨタのSUVラインナップをギャラリーでチェック!!!