プジョー208GT Lineはいいクルマか!?? クルマのプロが総出でチェック

評判上々!? ヤリスの有力対抗馬!? プジョー208 GT Lineを編集部総出で調査!!!

 海千山千の評論家たちによる、限界領域ギリギリのテストドライブもちろんいいが、より「ふつう目線」で試乗してみたら、見えてくるものもあるのではないだろうか。

 そんな趣旨ではじまった、ベストカー本誌にて地味ーに人気らしい(?)「よってたかって評価する」。今回の相手は初の輸入車、プジョー208 GT Line。

 価格293万円、全長4095mmのBセグコンパクト。発売からここまでの評価も上々というフランスからの刺客を、編集部の面々はどう判断したのか? 初の輸入車レビューということで今回は自動車評論家の意見も聞いてみた!

【画像ギャラリー】ヤリスとほぼ同じサイズ感!!! プジョー208 GT Lineをギャラリーでじっくりチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文・写真:清水草一、永田恵一、ベストカー編集部/撮影:西尾タクト
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■部内でも評価は分かれ気味? プジョー208 GT Lineってどんなクルマ?

 4095mmの全長を持つBセグメントコンパクトカー。1.2L直3ターボを搭載したガソリンエンジン車のほか、ピュアEVも用意される(後述)。ガソリン車のグレード構成は、「Style」「Allure」「GT Line」の3グレード。GT Lineは最上級グレードとなり、写真の3本の爪でひっかいたような形状のフルLEDヘッドライトほか、17インチアルミホイールなどを装備。

7月に日本での発売開始以後、市場の評価は上々の2代目208、だがベストカー編集部員は甘くない!?

■編集部イイボシはこう見た!

 エンジンは、街乗りでは最高だが、一発の加速は少々物足りず、乗り心地は予想よりも硬め。GTラインではなく、アリュールなら私の想像に近い柔らかな乗り味だったのかもしれない。

 プジョー208はベーシックなアリュールか、スポーツ性を狙うならGTIを待つべきか。つまり、GTラインはどっちつかずの印象だったということだ。

 ただし、それでも走りに関しては国産コンパクトの主要モデルをはるかに凌駕している。インテリアは遊び心にあふれていて質感も高く、エクステリアは高級感さえある。

 コンパクトクラスを狙う運転好きにはいいクルマ。今のPSAの元気さを実感した。

プジョーといえばライオン。だが日本のナンバーを装着すると、足の部分が隠れてしまうのがチト悲しい

・パワー感:★★★☆☆
・ハンドリング:★★★★☆
・お買い得度:★★★☆☆

次ページは : ■編集部ウメキはこう見た!