あなたのクルマも最新安全装備が装着可能!! 先進安全技術「後付け」最前線事情

 今やクルマはパソコン並みに細かく進化している。特に先進の安全装備などは、ソフトウェアひとつで性能が大きく変わるケースも多い。

 パソコンやスマートフォンでは、OS、アプリなどを新しくなるとその都度アップデートするのは常識となっているが、クルマではまだ普及はしていない。

 日本の自動車メーカーでは、トヨタは既存の自動ブレーキ装着車のソフトウェアのアップデートによる性能向上が可能になっているが、そのほかのメーカーはどうなのか?

 本稿ではトヨタのソフトウェアのアップデートによる自動ブレーキの性能向上の詳細を紹介し、ソフトウェアのアップデートによる安全装備の性能向上も考察していく。

 同時に自動車メーカーが積極展開している、後付け安全装備の現状を通して、どのメーカーが充実しているのかについて見ていく。

文/永田恵一、写真/TOYOTA、HONDA、SUBARU、VOLVO

【画像ギャラリー】世界で最も新しい安全装備のアイサイトXは新型レヴォーグに搭載されて2020年10月15日に正式デビュー!!


トヨタの自動ブレーキのアップデートサービス

アクアは2015年11月にセーフティセンスCが設定された。それ以降、2018年4月までのモデルはアップグレード対象となる

 アップデートの対象となるのは、以前トヨタセーフティセンスCと呼ばれていた、自動ブレーキを作動させるための情報収集源というハードウェアにレーザーセンサーと単眼カメラを使う比較的シンプル、低コストなものである。

 以前トヨタセーフティセンスCと呼ばれていた自動ブレーキは、自動ブレーキが作動する対象は車両だけで、歩行者にも対応するものが増えている現在においては性能に不満を感じるのは否めない。

 トヨタセーフティセンスCと呼ばれていた自動ブレーキは現在名称をトヨタセーフティセンスと変え、従来同様にアクア、シエンタ、ノア三兄弟などに装備されているのだが、いつの間にかここ2年ほどで昼間に限るものの、歩行者にも対応するようになっている。 

 これはハードウェアはそのままで、ソフトウェアの変更によるものだ。

2010年に北米で「レクサスGX460は横転の危険がある」ということで買ってはいけないクルマの指定を受けたが、VSCのソフトを書き換えることで対処

 現在のクルマはコンピューターが多数使われているため、購入後のサービスキャンペーンなど(国土交通省へ届け出した上での性能や品質改善のための改良、広い意味でのリコールの1つ)で「ソフトウェアのアップデート」が行われることがある。

 その一例として10年ほど前に、アメリカで販売されるレクサスGX460(日本のランドクルーザープラドのレクサス版)のVSCが、「ある条件下で作動しない」という指摘がアメリカで権威あるコンシュマーレポートというメディアのテストで発表され、レクサスGX460のVSCのソフトウェアがリコールでアップデートされたことがある。

ハードが同じならソフトのみでアップデート可能

 今回のトヨタの既存の自動ブレーキ装着車のソフトウェアのアップデート(パソコンのソフトウェアに更新にも近い)による性能向上も同じ話で、簡単に言えば「ハードウェアが同じなら、ソフトウェアの変更で現在売っているものと同等の性能にする」ということだ。

 具体的には前述したように歩行者には対応しなかったのが、ソフトウェアのアップデートにより昼間に限るものの、歩行者にも対応するようになる。

2020年9月10日のアクア、ヴィッツを皮切りに合計11車種がアップグレード対象として予定されている

 対象となるのは歩行者には対応していないトヨタセーフティセンスCを装着するアクア、ヴィッツ、10月中にアップデートされたソフトウェアが発売されるノア三兄弟、シエンタ、11月にアップデートされたソフトウェアが発売されるポルテ&スペイド、プロボックス&サクシード、ジャパンタクシーだ。

 アップデートにはディーラーでの作業が必要で、費用はアップデートされたソフトウェア代4180円+取り付け工賃だ。

 アップデートされたソフトウェアを持つ旧トヨタセーフティセンスC装着車の歩行者に対応する性能は未知数かもしれない。しかし、昼間に限るとしても歩行者との事故の確率が減少するのは間違いない。

 何よりも前向きな活動であり、それが非常に安い価格で行えることが嬉しい。こんなことも最近元気なトヨタを象徴する動きのようにも感じる。

車両のみの認識から、昼間の歩行者の検知が加わったことにより安全性能は格段にアップし、それに伴い安心感も増す

ボルボはソフトウェアのアップデートに積極的

 安全装備以外も含めたソフトウェアの性能向上は技術的には可能でも、自動車メーカーが行う場合には大きな責任が伴うこともあり、残念ながら実例は多くない。

 その中で積極的なのはボルボである。

 安全装備では2016~2018年モデルの90シリーズ(S90、V90、V90クロスカントリー、XC90)に盛り込まれる内容を、ソフトウェアのアップデートでグレードアップするというものがある。

 ボルボのアップデートサービスは以下のとおりだ。

ボルボは90シリーズの安全装備のアップグレードを安価に展開している。これはユーザーの満足度は高く、メーカーへの信頼感にもつながる

(1)ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)
 道路外に逸脱するようなステアリング操作が行われた際に、ステアリング操作と場合によっては元の車線に戻すためのブレーキ介入を行う。

(2)ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
 斜め後方を監視するBLIS作動中に車線逸脱や進路変更により隣車線を走行するクルマと接触する危険がある際に、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストする。

(3)オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)
 対向車との正面衝突の恐れがある際、ステアリング操作を補い衝突回避をアシストする。

(4)City Safety対向車対応機能
 自車線に侵入してきた対向車との正面衝突の恐れがある際、自車のブレーキを作動させ被害を軽減する。

 というようにその内容は多岐にわたるので、アップデートにはディーラーでの作業が必要となる。

道路外に車両が逸脱するようなケース(画像の赤い部分)も最新のランオフロード・ミティゲーションにアップグレードすれば安心

 価格は(1)~(3)のセット、(4)がそれぞれ9288円(消費税、取り付け工賃別)と、内容を考えれば非常にリーズナブルだ。

 なおボルボのソフトウェアのアップデートによる性能向上では、コンピューターチューンによるパワーアップ&性能向上である「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」(20馬力程度パワーアップすることが多い)も人気だ。

 こちらは多くのモデルに対応している上に、メーカー保証が継続されるのもありがたく、価格は18万7521円+取り付け工賃と、非常にリーズナブルだ。

テスラのアップデートはパソコン的手法

 もう1社ソフトウェアのアップデートによる安全装備の性能向上に熱心なのがテスラだ。

 ただテスラのソフトウェアのアップデートは本当にパソコンと同様で、ディーラーに持ち込むことなく、クルマとメーカーのコンピューターとの交信で行われる。

 これは便利な反面、IT業界でいうハッキングのようなことに遭うリスクがあるのも事実だ。

テスラの先進安全性能は順次新しくなっているが、アップデートが可能。ただし、ディーラーではなく個人が作業するので要注意

 テスラのソフトウェアのアップデートによる性能向上は把握できないほどあるのだが、安全装備ではハンドル操作をアシストする速度域の拡大が代表的だ。

 ソフトウェアのアップデートによる性能向上は技術的にはいろいろなことが可能だが、トヨタやボルボのようにディーラーでの作業を伴った上で、可能な範囲で安全装備の機能向上を進めていくというのが当面は現実的なところだろう。

後付け安全装備が充実しているのはどのメーカー?

 自動車メーカー純正の後付けの安全装備というのは、主に「間近にある壁などの障害物を検知するソナー(超音波)センサーを前後に加え、障害物を検知した際に誤ってアクセルを深く踏んでも加速を抑制する」、ペダル踏み間違い時の加速抑制機能が大きい。

 後付け安全装備の導入が早かったのはトヨタとダイハツだったが、ここ数カ月で日本の他メーカーも導入を始めており、その状況は表のようになる。

対応車種であっても、グレードなどによっては装着ができないケースもある。価格は税込み

 メーカーによる違いとして挙げられるのは主に駐車場など以外での機能、価格、対応車種の数だ。

 表を見てわかるとおり、自動車メーカー純正の後付け「ペダル踏み間違え加速抑制機能」が充実しているのは、前述の自動ブレーキのソフトウェアのアップデートによる性能向上も含めトヨタである。

後付けの踏み間違い加速抑制システムは、前後に超音波センサーを装着。65歳以上の場合は補助金が出るので積極活用したい

 トヨタは前進時と後退時の急加速を抑制する「踏み間違い加速抑制システム」と、そこに低速走行時に誤ってアクセルを深く踏んだ際の加速を抑制する機能が加わる「踏み間違い加速抑制システムII」の2つがある。

 IIでは機能が充実して価格は安くなっているのに加え、対応車種は自動ブレーキの類がないアリオン&プレミオ、2代目ウィッシュ、先代プリウス、SAI(11月発売)、先々代クラウン(来年1月発売)など16車種と多く、かつユーザーの年齢層も考慮した設定となっている。

車内には後付けの表示板が装着され、文字情報によるアラートとブザー音でドライバーに警告を発する

 さらに2020年7月1日発売以降のプリウスのディーラーオプションに、プラスサポートと呼ばれるイエローのキー(1万3200円)がある。

 このキーを使うと障害物がなくても誤ってアクセルを深く踏んだと思われる際には急加速を抑制し、暴走による事故を防止できる可能性が生まれる。

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は後を絶たないが、踏み間違い加速抑制システムはこれからは必須装備だ

 これだけいろいろんなことをやっているのだから、「後付け安全装備が充実していているのはトヨタ」と言わざるを得ない。

 トヨタの後付け安全装備に強いて難を挙げれば、レクサスへの対応がないことだけだ。

 トヨタ以外メーカーのこの種の後付け安全装備は、今後の機能向上、対応拡大、低価格化に期待したいところだ。

スバルは、アイサイトという自動ブレーキの導入が早かったため、後付けのこの種の装備の必要性が他社より薄いのかもしれない

まとめ

 安全装備のソフトウェアによるアップデートは内容を考えれば大変リーズナブルだ。

 アップデートサービスが拡大して充実すれば、クルマを買い替えなくても性能の進化を手に入れることができる。これはユーザーにとってメリットは大きい。

 加えて、65歳以上の方が前述した後付け安全装備を購入する場合には4万円の補助金もあるので、導入を積極的に考えてほしい。

ホンダは先々代フィットと先代N-BOXの2車種のみに後付け踏み間違い加速抑制システムを設定しているが、対応車種の拡大は急務

【画像ギャラリー】世界で最も新しい安全装備のアイサイトXは新型レヴォーグに搭載されて2020年10月15日に正式デビュー!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ