奥深さと可能性は無限大!! ミニ四駆が大人も子供も惹きつける理由

奥深さと可能性は無限大!! ミニ四駆が大人も子供も惹きつける理由

 2020年12月4日(金)にホンダの青山本社にて、ミニ四駆メディア対向レースが開催された。そのレースにベストカーWeb編集部も参加。

 しかし、なぜホンダでミニ四駆レースが開催されたのか? 実は2020年11月にホンダeのミニ四駆が発売され、それを記念してのレース開催となったのだ。

 ベストカーWeb編集部もそのレースに参戦したが、素人の担当(今回初めてミニ四駆レースに参加)が感じたこと、ミニ四駆の魅力、プロに聞いた初心者へのアドバイスなどを交えながらレポートしていく。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TAMIYA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】極秘データ公開!! 最も売れたのは約400万台!! ミニ四駆最新&歴代人気ランキング


ホンダeのミニ四駆が発売開始

2020年11月に発売開始となったホンダeのミニ四駆キット。ホンダeのエクステリアデザインを見事に再現。ボディカラーはチャージイエローのみ

 まずはミニ四駆とは何ぞや? という人もいるだろうから、ミニ四駆について、簡単に説明しておきたい。

 ミニ四駆は、1980年代に発売を開始。単3乾電池を動力源として、モーターにより走行する。フロントタイヤとリアタイヤは、ギアとシャフトでつなぐことで4WDとなっている。

ミニ四駆は手軽に組み立てられることを重視していることもあり、パーツ点数は少ない。ウィンドウ、ヘッドランプなどはステッカーで対応。単3乾電池は別売り

 接着剤を使用せずはめ込みとビス止めというのも魅力で、慣れにもよるが、早い人で30~40分程度、遅くても1時間30分ほどで組み立てることができる。

 これまで幾度かブームが勃発しているが、現在は安定した人気を誇る。もともとは子供向けとして発売されていたものの、いつの時代も大人をも熱狂させる奥深さも持ち合わせている。

 公認競技会も全国的に開催され、熱いバトルが展開されている。

 新製品であるホンダeのミニ四駆キットは、32分の1スケールで、エクステリアはパーツ点数が少ないにもかかわらず、実車をうまく再現している。これにはホンダeの開発者も感心しきり。

 価格は1210円(税込み)と手頃なのもいい。

金属金具の使用により配線がなくスッキリ。ホンダeはVZシャシーを使用。前後をつなぐプロペラシャフト(手前の金属棒)により4WDとなっている

ミニ四駆レースに16台のマシンが集結

 では、レースについて見ていこう。

 レースに参加したのは、『カー&ドライバー』、『Car Watch』、『driver』、『クルマのニュース』、『Response』、『モーターマガジン』、『月刊自家用車』、『Cliccar』、『Hanako』、『The Motor Weekly』の12媒体。

 それに加え、ホンダ広報部、ホンダ開発チーム1(本田技術研究所・栃木)&2(本田技術研究所・和光)、そしてミニ四駆の発売元であるTAMIYAワークスの全16台で、3つのブロックに分かれてマッチレースが開催された。

ミニ四駆実況でおなじみのMCガッツさんがレースを盛り上げてくれた。自らもワークスチームでレース参加したが、決勝を前に涙をのんだ

 ベストカーWebの担当は、ホンダeのミニ四駆のキットを組み立てて、走れるようにしただけで参戦。外観についても、12月4日開催ということで1・2・4の数字をルーフに貼った程度でショボい。

 ノーマル状態のマシンは少数派で、ほとんどの媒体がモーター、タイヤを交換したり、独自のチューニングを施していた。

キットを組み立てただけのベストカーWeb号。ノーマル状態でも、バリ取り、グリスアップをするとしないでは速さが段違いになることを痛感

 同じ控室になったCar Watch誌のマシンをジックリ見せていただいたが、各種チューニングのほか、ヘッドランプ、リアコンビにLEDを埋め込んでいて、実際に光るという超凝ったものになっていた。

 今回は鈴鹿サーキットを模した特設コースでレースが開催された(立体交差もある!!)。

 実際にミニ四駆が走っているのを見ると、これが速くてビックリ!! ミニ四駆が走っているのを初めて見た率直な感想です。

 が、ベストカーWebのマシンは、トップチームとは比べものにならないほど遅かった。ちなみに誤解のないように言っておくと、3位入賞マシンはノーマルキットを組み上げただけだったので、当方のマシンが遅かったのはパーツ交換のせいではなく、担当の工作精度の問題だろう。

 ガイドローラーやタイヤをはじめとするパーツのバリも取っていなかったし、グリスアップも忘れていた……。

 当然のように!? ベストカーWebのマシンはあえなく1回戦で敗戦。敗者復活のジャンケンでも負けて、結局1レースを消化したのみでジ・エンド。ちなみに優勝したのはカー&ドライバー誌だった。

チューニングだけでなく、カラーリング、ホイールなどエクステリアも好きなものを装着して自分仕様に仕上げることができるのもミニ四駆の魅力
Car Watch誌のホンダeミニ四駆。モーター交換、マスダンパー装着、ローラー、前後スポイラー、軽量化など独自チューニング。リアコンビはLED内蔵で光る

次ページは : 研究所渾身の2台ホンダeミニ四駆