トヨタのウーブン・プラネットが「ウーブン・シティ」実現に向けて米国企業を買収

トヨタのウーブン・プラネットが「ウーブン・シティ」実現に向けて米国企業を買収

 トヨタグループでソフトウエアを中心にモビリティ開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(以下、ウーブン・プラネット)が、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析に強みを持つ、カーメラ社*3(CARMERA, Inc./米国)の買収に合意したと、2021年7月15日付のプレスリリースで発表した。

 ウーブン・プラネットは、同年4月、リフト社(Lyft, Inc./米国)の自動運転部門レベル5(Level5)を約5.5億ドルで買収に合意したばかり。

 大型買収案件が続くトヨタグループ。ロボットやAIなどの先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証する実験都市「ウーブン・シティ」完成に向けて一歩ずつ前進している。

文/ベストカーWEB編集部 写真/ウーブン・プラネット・ホールディングス

【画像ギャラリー】ウーブン・プラネットが進めるAMP開発