名車ディーノ以来のV6モデル!ターボ+PHVの296GTBが上陸へ


■見どころ満載の新メカニズム

 電動化以外の新メカニズムが多く採用されているのも、296GTBの魅力だ。458スペチアーレから導入されたアクティブエアロは、コンセプトを変更し、可動デバイスを従来までのドラック低減のためではなく、ダウンフォース増加のために活用。ラ・フェラーリにインスピレートを得たアクティブスポイラーをリアバンパーに内蔵している。

 ブレーキシステムは、油圧と電気による調整を組み合わせた「ABS evo」を採用。ブレーキ・バイ・ワイヤーの恩恵で、ペダルストロークを最小限まで抑えることでスポーティな感触を強めている。

 また、車両制御の情報収集のために自動車業界初となる6ウェイ・シャシー・ダイナミック・センサーも搭載。そのデータがABS evoコントローラーや車両の統合制御システムなどに活用され、より高度なアシストを実現し、走りに磨きを掛けている。

 フェラーリは、296GTBを「走りの楽しさ」を再定義するモデルに位置付けている。その背景には、電動化時代になっても、伝統のフェラーリを駆る喜びは、進化し続けるというメッセージが込められているに違いない。まさにフェラーリは永遠に不滅なのだ。

日本デビューを果たした296GTB。公道デビューも間もなくだ

 日本上陸を果たしたフェラーリ296GTBは、10月31日~12月12日までの期間、全国各地のフェラーリ正規ディーラーでの展示イベントを予定している。兵庫県神戸市を皮切りに、大阪、広島、福岡、名古屋、横浜、東京、北海道と9カ所を巡る。

【画像ギャラリー】V6とPHVの融合が生む楽しさを!フェラーリ296GTB

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ