ジムニー旋風にみる予想を越えたヒット車の理由


ジムニー旋風が止まらない。2018年7月に登場した新型ジムニーは納車待ちが1年とも2年ともいわれる。ただひたすらに悪路での走破性を極めた、そのマニアックなキャラクターからして、ここまでの人気ぶりはやや予想外ともいえる。

最近は車の売れ行きが伸び悩むが、ジムニーのように時々「予想以上に売れた」という車種も登場する。その多くは、軽自動車を含めて比較的小さな車種であることが多い。

例えば今では販売No.1となっているホンダ N-BOXも初代の販売当初は、同様のコンセプトを持ったダイハツ タントより“後発”であり、そのタントを越え、プリウスまで上回る大人気モデルになると事前に予想することはできなかった。

こうした予想以上に売れた車の根本的な理由は、海外向けの日本車が増えて、国内市場が販売不振に陥ったのと同じだ。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部


マニア向けなのに大人気!! なぜ新型ジムニーは売れた?

スズキ ジムニー(2018年-)/2018年7月販売台数:5063台

スズキ ジムニーも軽自動車だから日本向けの商品だが、N-BOXやハスラーとは事情が違う。日本向けでも悪路の走破力を徹底的に高めた商品で、大量に売れる一般的な選択肢ではない。

それなのに人気を高めた背景には、SUVの都会化がある。もともとSUVは悪路を走破する車だったが、大径タイヤの装着などがファッションとして人気を集め、前輪駆動をベースにしたシティ派モデルが人気を高めた。

特にトヨタ C-HR、日産 ジューク、ホンダ ヴェゼル、レクサスのRXやNXは、カテゴリーとしてSUVに含まれるが、悪路を走るイメージは希薄だ。

ジムニーも1998年に発売された先代型は、SUVの都会化を視野に入れて外観を丸みのある形状に仕上げた。しかし、これは歴代ジムニーのオーナーには不評で、2000年に2WDのジムニー「L」、2001年にその発展型となるジムニー「J2」を設定したら猛烈に叩かれた。

このような失敗も経て新型ジムニーは「プロユースに応えるクルマ作り」をテーマに原点回帰を図った。

外観は直線基調で、初代ジムニーを連想させる。2WDと4WDの切り換えは、先代型でスイッチ式に発展させたが、新型はレバー式に戻した。つまり、都会的な雰囲気を強め、軟弱になったシティ派SUVに対するアンチテーゼでもある。

そして新型ジムニーは外観の視覚的なバランスが良く、1982年に発売された初代パジェロの3ドアにも似ている。最近のシティ派が忘れたSUV本来のシンプルな良さがある。

それでもジムニーは、生粋のオフロードモデルだ。舗装路では操舵感の鈍さが気になり、乗り心地も良くない。4WDはパートタイム式だから、舗装路は2WDの後輪駆動で走る。後席は補助席に近く、実用性は3ドアクーペだ。

悪路を走る機会のあるユーザーが、悪路向けSUVの性格を把握した上で購入すべき車となる。

気づけば軽No.1! 初代N-BOXがここまで売れた理由は?

ホンダ 初代N-BOX(2011-2017年)/2016年累計販売台数:18万6367台(月平均:1万5531台)

ホンダの初代(先代)N-BOXは、2011年12月に発売されてヒット作に。2013年/2015年/2016年/2017年(9月に現行型が登場)には、軽自動車の販売1位となった(2017年は小型/普通車も含めた総合1位)。

人気の理由は、今のヒット車種に多い「実用的なサプライズ」があったからだ。車内は軽乗用車では最も広く、後席に座ると前席が遠く感じるほどだ。後席を畳むと大容量の荷室になって自転車も積める。

実際にここまで広い車内が必要か否かは別にして、先代N-BOXを初めて見た人は必ず驚き、購買意欲を高めた。

またボンネットが短く、ルーフの長い水平基調のボディなど、外観の見栄えが良かったことも人気の秘訣だ。

従って現行型も、先代型の外観と車内の広さは踏襲している。前輪駆動の軽自動車では最も長いホイールベース(前輪と後輪の間隔)も、2520mmで同じ数値だ。

次ページは : これぞ予想外のヒット? ハスラー誕生の意外な秘話

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ