トヨタ86の走りを激変させる!! 2308円の純正チューン

2014年 4月9日 『トヨタ86』一部改良 でも、旧型オーナーよ安心しろ!!

 私ゴリ奥野、新車でトヨタ86を購入して約10カ月になります!! これまでトヨタ主催のオフ会(86S)や、全国津々浦々で行われている86関連のイベントに出没し、充実のカーライフを過ごしてきました。

 86を購入した理由は、86が好きなのはいうまでもありませんが、一度は現行車に乗ってみたいという思いがあったからです。 そんなある日、トヨタスポーツカーカルチャー事務局から86に関するメディアカンファレンスの案内をいただき、トヨタ自動車東京本社にお邪魔してきました。

 リリースには86のデビュー直後からスポーツカーカルチャーの推進を行うトヨタマーケティングジャパン(TMJ)の発表とあります。

 会場に入り着席。あたりを見渡すとTMJの喜馬克治クリエイティブディレクターの姿を確認。さらに見渡すと、86のチーフエンジニアであるトヨタ自動車スポーツ車両統括部の多田哲哉さんの姿が。

 うーん、なぜ多田さんがいるのだろう?

 私が記憶する限り、これまでTMJ関連のカンファレンスに多田さんが同席することはなかった気が。頭のなかが「?」で充満し、一気に緊張する私。その瞬間、ふと頭のなかに、ひとつのキーワードが浮かびました。

マイナーチェンジだ…

 以前から噂されていたマイナーチェンジ(MC)をこの場でサプライズ発表するに違いない。そう確信に至った私ですが、感心している場合ではありません。何しろ自分が大枚をはたいて(まだ払っている途中)購入した86が“型おくれ”になる発表を聞くのです。新車を購入する以上、いつかはMCで旧型になるのはわかっていますが、現行車と旧型車では大違いだからです。

 といっているうちに多田さんが登場。そして…思ったとおり多田さんの口からは「マイナーチェンジします」という現86オーナーが最も聞きたくない言葉が。私の頭のなかは真っ白になりました。発表によると、大きな変更点は4点。

  • 【1】ボディ剛性アップ:前後サスペンション周辺のボルト形状を変更し、ショックアブソーバーの特性を変更。
  • 【2】外観&内装の変更:ボディカラーを一部変更し、
  • ...シャークフィンアンテナを採用
  • ...さらにインストルメントパネルのデザインも変更
  • 【3】純正用品:BBSのホイールとSachs(ザックス)の
  • ...ショックアブソーバーを純正用品として設定。
  • 【4】スポーツドライブロガーの発売。

以上が今回の変更点のすべてであります。

 うん? これってボディカラー以外はすべて自分の86に取り付けられるモノばかり!!そのことに気づいた瞬間、ようやく今回の「マイナーチェンジ」の意味がわかりました。以前から多田さんが公言していたとおり、現オーナーがきちんとアップデートできるマイナーチェンジを実行してくれたのです。

 なかでも注目は【1】のサスペンションボルト。今回のMCで、サスペンションメンバーとボディを固定しているフロント4本(左右2本ずつ)と、ショックとロアアームを取り付けているリア2本(左右1本ずつ)のフランジの厚みをアップ。結合剛性が上がり「交換するだけで誰でもボディ剛性のアップを体感できる」(多田さん)そう。

 しかも、交換時に必要なナットを入れても全部で2,308円(ディーラーで確認済み。誰でも注文すれば普通に買えます!)と超お手軽。

 いきなりMC仕様を気取るにはピッタリのパーツと、さっそく交換を画策していたところ、BC編集長から「ゴリ、テストするぞ」と鶴の一声。

そんなワケで今回のテストが実現したのです。

〔▼ 続きは、ベストカー2014年6月10日号で御確認下さい。〕

86ボルト2308円_xx5

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ