【業界初 新型レーザー式移動オービス対応探知機テスト!】うっかり速度超過を防ぐべし!!


■安全運転の意識を高めてくれる運転支援機器

 ここで冒頭の話に戻るのだが、この可搬型オービスは主にゾーン30と呼ばれる制限速度30㎞/hの生活道路での取り締まりに活用されるという。近くに学校や幼稚園などがあるエリアも当然含まれる。

 ユピテルLS300は、GPSを搭載しており、地図機能も併せ持つ。例えば制限速度が切り替わるポイントに差し掛かると音声でそのことを知らせてくれる機能もある。ドライバーのうっかりミスを助けてくれるのだ。

 LS300はレーザー取り締まり機だけではなく、従来型のレーダー式にも対応する。また、固定型オービスの情報もマップ情報に搭載されているため、ループコイル式オービス地点を知らせる警報も発する。

 これらの情報は音声で発せられるため、その都度「ハッ」と気づかされて速度の確認を改めてする機会になる。

 普段から制限速度をはじめ、交通法規遵守には高い意識を持っているつもりではあるが、こうした警報で再確認の機会となりうっかりミスを防ぐことができることにより、より安全運転に対する意識を高めることになるのだな、と再認識した。

 最後に、現在どんな速度取り締まりが行われているか紹介しよう。

■レーダー式取り締まり

一般的に多くみられるレーダー式取り締まり

 全国的に最も多く見られる方式。有人式の速度取り締まりで使われる、レーダー波を発射して、その反射波のドップラー効果により対象車の速度を計測する方式だ。いわゆるレーダー探知機で探知可能だが、ステルス式は探知が難しい。

■光電管式取り締まり

都内で見かける機会の多い光電管式。レーダー探知機では探知できない

 東京都内ではレーダー式よりも多く見られる。一定の間隔で路肩付近に設置された2つの光電管の間を通過する時間を計測し、速度を算出する。レーダー波を出すようなことがないため事前探知は不可能とされる。 

■ループコイル式オービス

ループコイル式はレーダー波といわれる電波でなく、道路に埋設されたループコイルの磁気で計測する仕組み。レーダー探知機では反応しないため、事前に設置場所を把握する必要がある。 アスファルト内に埋設された磁気センサーにて車速を計測し、その先にある赤外線ストロボとカメラにて記録。この記録部は、路肩や中央分離帯にひっそりと設置されている

 固定式オービスの計測方式として現在の主流となるのが、路面に埋め込まれた速度計測用センサー(ループコイル)によるもの。事前探知は不可能。レーダー式の「LHシステム」にとって代わるように全国的に設置が進められている。