アルファードらトップセールス車5傑の注意点 売れてるけど弱点もある!?


トヨタ アルファード&ヴェルファイア/計1万2222台

トヨタ アルファード、ヴェルファイア/2019年3月販売ランキング:14位、29位。それぞれ7596台、4626台を販売。合計台数はセレナと同等で価格も考慮すると圧倒的な人気だ

 現行アルファード&ヴェルファイアは、押し出しのあるスタイルや周りを見下ろすような高い視点を持ち、現行モデルで乗り心地に代表される車の質も大幅に高められた。

 さらに、2017年12月のビッグマイナーチェンジで夜間の歩行者にも対応する最新版のトヨタセーフティセンスを採用するなど万全の商品力を持つ。それだけに今ではクラウンと並ぶ「日本人が考える車のゴール」的な地位に登り詰め、好調に売れているのもよく分かる。

 ただし、弱点としては以下の点があげられる。

・乗降性は決してよくない。

・ハイブリッドの実用燃費が期待ほど良くない

・上級グレードになるほど前席のコンソールボックスが付くので、ミニバンなら欲しい人も多いであろう前席からのウォークスルーがにしにくい

◆  ◆  ◆

 このように売れている車にも弱点はあるものなので、車を選ぶ際には人気も大事だが、やはり、それだけでなくいろいろ見て総合的に自分に合ったものを選んでほしい。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ