【知らなきゃ捕まる道交法の落とし穴】ベテランドライバーこそが陥る知っているようで知らない12の罠


【ケース5】合図のつもりでブッとホーンを鳴らすのダメなの!?

 道交法54条2項で「警音器はむやみに使用してはならない」と規定されている。使用できるのは標識によって指定された場所(警笛鳴らせ)、左右の見通しのきかない交差点、危険を防止するためにやむを得ない時。仲間への合図のブッも、原則論ではダメなのだ。

【ケース6】社外に音漏れするほどの大音量でオーディオを聞いているのは違反?

 大音量でカーオーディオを鳴らしてノリノリ……、この行為自体を取り締まる規定は道交法で明確にされているわけではない。

 だが、道交法70条には「運転者は当該車両等のハンドル、ブレーキ他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさない速度と方法で運転しなければならない」とされている。

 これを解釈すれば、周囲の交通状況が把握できないほどの大音量でオーディオを聞きながらの運転はNGということになる。

 同様にヘッドホンをしての運転もダメ。片耳だけのイヤホンの場合はどうかというと、明確にNGではないけれど、集中力を欠く要因となることは間違いなく、できれば避けるべきであると考える。

 また、個別に都道府県条例によって道路交通法施行細則が定められている場合があり、例えば神奈川県ではイヤホン等を使用して音楽を聴くことが禁止されている。当然違反すれば検挙され青切符で反則金6000円となる。

次ページは : 【ケース7】バシャ〜ッと水ハネ運転で歩行者に水がかかった!