ハイエース、スカイライン等の「周年記念車」は中古でいくらで買える?


 日本人は限定品が好きだ。もちろんクルマも限定車(特別仕様車)は人気が高く、中古車が新車価格を上回るケースはある。

  最近では日産GT-RやフェアレディZが誕生50周年記念車を発表、またマツダがロードスター誕生30周年記念車を発表するなど、アニバーサリーモデルがブームになっている。

 今回はそうした〇周年モデルという、アニバーサリーモデルの限定車に絞り、過去に発売されたアニバーサリーモデルの中古車価格の動向を徹底調査。

 はたして価格は上がっているのか? 通常のモデルと大して変わっていないのか? モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカーWEB編集部


■台数限定のアニバーサリーモデルに価値はあるのか?

GT-R 50thアニバーサリーは、2020年3月末までの期間限定発売で今年6月に発売する。価格は1319万2200円から1351万6200円

 限定車は、大きく二つにわけることができる。内外装に特別な色を使用し、さらに人気の装備を装着するタイプ。

 そしてもう一つは内外装の変更に加えて、エンジンのファインチューニングやサスペンションの最適化など走行性能に磨きをかけたタイプだ。

 そう、前者は販促目的の色合いが強く、後者はよりこだわりの強いユーザーに対して発売するモデルだ。新車価格より中古車の価格が高くなるのはスバルSTIのSシリーズを見てもわかるとおり後者だ。

 では、限定車のなかでもさらに絞り込んだ〇周年モデルとなるとどうだろうか?

 過去には1996年にはトヨタが市販車生産60周年記念車として車両本体価格800万円で販売したトヨタクラシック、2011年11月にトヨタ自動車生産累計1億台達成の記念車として1000台限定で販売したトヨタオリジンなどがあった。

 また、日産の子会社であるオーテックジャパンは限定30台で30周年記念車、マーチボレロA30を356万4000円で販売するなど、従来の市販車とは一線を画すモデルが販売されることがあった。

 ここまでのスペシャルモデルは別として、〇周年のアニバーサリーモデルが最も多いのがトヨタだ。

 クルマの誕生記念だけでなく、トヨタ店生誕記念といったようなアニバーサリーモデルに加えて、エリアの販売店限定のアニバーサリーモデルも設定されている。

 その一方でアニバーサリーモデルが少ないのが、ホンダで、2代目フィットに設定された10thアニバーサリーモデルぐらいだった。

■トヨタクラシック(1996年)

●残価率/44.8%

トヨタの乗用車生産60周年を記念して1996年に800万円、限定100台を販売。 ベースとなったのは5代目ハイラックスダブルキャブ仕様車で車体の前後や屋根を中心に元の車種の判別が難しいほどに大幅に手が入れられている

 そこで、ここでは、現在中古車で購入できる注目度の高いアニバーサリーモデルをメーカー別に紹介しよう。

 まずはトヨタ。先ほども紹介した1996年に登場したトヨタクラシックは現在3台の中古車が流通していて、価格帯は約340万~432万円、平均価格は約359万円。

 販売開始から約23年が経過しても新車時価格の44.8%という残価率は驚異的な数値といえる。

次ページは : ■トヨタオリジン(2000年)

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ