シビックタイプR、GT-Rら現行国産車に探す 未来で賞賛されるべきエンジン 7選


■NISSAN VQ37VHR(フェアレディZ NISMO/V6 3696cc 355ps/38.1kgm)

(SELECT・TEXT/国沢光宏)

 今や我が国は気合いの入ったエンジンを作るエネルギーなし。ということでVQ37も「強いて言えば」です。そもそも乗用車用エンジンのため、高回転域で厳しい。とはいえ現時点ではVQ37に匹敵する元気なエンジンはなくなってしまった。

・先進性…★★☆☆☆ 2
・加速の伸び…★★★☆☆ 3
・トルク感…★★★☆☆ 3
・スムーズさ…★★★★☆ 4
・静粛性…★★★☆☆ 3


【番外コラム】 現行NSXが積むJNC+3モーターは10年後の名機となるか?

(SELECT・TEXT/国沢光宏)

 NSXのパワーユニットは今やモータースポーツの主役となっている高性能エンジン+モーターである。F1もル・マンもハイブリッドだ。燃費を改善させつつパワーを引き出そうとすれば必然の流れだと思う。といった観点でNSXのパワーユニットを見ると、なかなかレベル高い。

迫力のエキゾーストノートなども魅力のNSX。700ps級を目指していただきたい

 ただ現在のシステム出力=581psは少しばかり物足りない。こいつを700psくらいまで引き上げたら、きっと官能的な魅力も出てくることだろう。進化させていかないとアカンです。ということで名機予備軍ですね。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ