【突然の災害にも役立つ! 】クルマで使える電化製品5選


■女性からのニーズが高い「ドライヤー」

 かつては国内メーカーがOEMなどで盛んに製造し、カー用品店の定番商品として並んでいたが、現在では海外からロット注文で入ってくるものが多いようだ。したがって、同じ商品が安定的に供給されていないことが増えて、通信販売が流通の中心ルートになっている。

 車載用ならではの特徴はシガーソケット電源で使えることと、小型で折りたためるのでコンパクトに収納ができるということ。グローブボックスなどにも、すっぽりと収まる程度の大きさだ。

 100V家電タイプと比較するとパワー不足感は否めないが、充分用が足りるレベルのものが多い。雨の日には、ウィンドウの湿気取りにも役立つ。

 実勢価格は、2600円~6000円程度。SUNNY・MIFO・TKSといったブランドで販売されている。重量は250g程度と軽いので扱いやすい。温風が約65℃なので熱量は充分だが、消費電力は約200W程度になる。そのため、エンジンをかけた状態で単独使用することが望ましい。

TKS シガーソケットで使える車載用ヘアドライヤー 12V車専用 /Amazon実勢価格:2480円 ※画像をクリックすると詳しい商品情報が見られます

 今回紹介した以外にもDC12Vで使用できる電化製品は数多くありますので、チェックしてみると面白い商品に出会えることも。

 レジャー用のみならず緊急時用として持っておくことをお薦めします。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ