免許更新、75歳以上から何が違うのか? 高齢者の事故抑止はできる?


あくまで講習であって試験ではない

「75歳以上の高齢者講習」は以上のような内容だが、これらは“講習であって試験ではない”という点がポイント。つまり、受講させた側が「あなたは判断力が劣っているので、そろそろ運転をやめてください」とは言えないのです(強制力がない)。「人間の心理として一度取得したものはなかなか手放さないのですよ」とは広報の方。

が、どうやら来年4月から変わるもようです。

例えば「認知症の疑いがあるので、医者のお墨付きの診断書がないとハンドルは握れないのですよ」というような通達を出して、運転免許証の自主返納を促すことを来年4月頃から実施する、という改正の流れになっているとのこと。“大きな変革の一歩”となりそうです。

編集部註:この取材後、7月に認知ドライバーへの対策が強化された改正道交法の施行が閣議決定された。来年の2017年3月12日から施行される。