トヨタミニバン&SUV体験フェア2017 イベントレポート

 

同乗走行で最新カスタマイズを感じる

もちろん展示を見ながらあれやこれや考えるのもとても楽しい時間だが、今回のイベントが凄いのは実際にクルマに乗って同乗走行ができるということ。

試乗コースではカスタマイズメーカーのスタッフが運転するデモカーの助手席に乗って、さまざまな話をしながら最新のカスタムを学ぶことができた。なかでも車高を落としつつも乗り心地を確保した全長調整式のサスペンションキットを体感して、カスタマイズカーが「普段使い」もできることを実感したお客さんも多かったようだ。

■HKS

HKSは注目のC-HRをはじめ、アルファードも用意。車高を下げても乗りアジがよく、感動する参加者も

■ブリッツ

ブリッツは運動性も考慮したサスキットでC-HRのスタイリングを向上。かっこいい!!

■TEIN

ヴォクシーには車内から減衰力を調整できるキットを導入。乗りアジも変幻自在だ

■G’s

トヨタはG’sのラインアップ3台を用意。シャシーにまで手を加えられたクルマたちはメーカーの威信をかけたカスタマイズだ

次ページ:家族も楽しめるブースも出展!!

 

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ