ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■マツダ ロードスター ひと声15万円 押して24万円

【状況と交渉術】

 販売台数は月販500台そこそこで少ないが、一定のファンに支えられて人気の根強さを維持している。

 2016年11月にRFシリーズを加えたことで、販売は再び増加傾向に。年内にも一部改良を実施してさらに加速を図る。

 販売台数は少ないが、大切に売る姿勢をキープしガードは固め傾向。トヨタ86、スバルBRZ、ルノーメガーヌと対抗。最終的にはトヨタ86との一騎打ちに持ち込み決着。扱うマツダ店は都市部で複数あり同一車競合も。

■マツダ アクセラスポーツ ひと声14万円 押して22万円

【状況と交渉術】

 同シリーズのメインモデルで月販2000台規模。2016年7月のマイナーチェンジで商品力アップし大幅な増加に。今秋にもさらなる改良や追加モデルの設定が予想されるがモデル自体が古くなり販売は頭打ち傾向かも。

 モデルが古くなったのをネタに強気に攻める。インプレッサスポーツを軸にプリウス、オーリスと対抗を。最終的にはインプレッサスポーツと対決で決着つける。マツダ店は都市部だと複数あり、同一車競合も絡ませ攻める。

次ページは : ■スバル インプレッサスポーツ ひと声10万円 押して19万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ