ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■スズキ ワゴンR ひと声5万円 押して11万円

【状況と交渉術】

 今年2月にフルモデルチェンジし、商品力を大幅にアップさせたことで堅調な増加に転じている。ただ、月販1万台規模は当初予定の1万5000台を大きく下回っている。今後は追加モデルの設定などで底上げするかも。

 月販計画が未達成のためか、値引きの拡大ピッチが速まりつつある。これをネタに攻める。ムーヴはじめNワゴン、デイズと対抗。最終的にはムーヴとの一騎打ちに持ち込んで決着。扱うスズキ店、アリーナ店との競合絡ます。

■スズキ ハスラー ひと声10万円 押して16万円

【状況と交渉術】

 人気の根強さは維持しているが、発売後3年半近くが経過した古いモデルのために、販売は大幅マイナス。月販5000台規模は同クラスのトップを維持。今秋にもビッグマイナーチェンジし、商品力アップさせ回復を図る

 モデルが古く販売頭打ちを指摘し、値引き拡大を要求。キャスト、フレアクロスオーバーと対抗させる。最終的にはキャストとの対決で決着つける。扱うスズキ店、アリーナ店とも同地区に複数あり、同一車競合を絡ます

モデルが古くなっても根強い人気のハスラー。
今秋にはマイチェンを実施する予定、との情報があるので粘り強く交渉を  

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ